我が家の閲覧注意レベルの最強最悪の風呂カビを落とした方法

風呂カビを落とす方法

梅雨の時期、冬場など湿気が多くなると気になるのがお風呂のカビですよね。

ちょっと放っておくと、あっという間にカビだらけ。

喘息などの原因にもなるし一斉に退治してしまいたいですよね。

何を隠そう我が家の風呂カビ最強最悪です。

もともと50年前に建てられた超古い中古住宅ですので、入居した時からカビは悩みの種でした。

昭和に流行ったタイルのお風呂なので目地に入り込んだカビはどうやっても取れない。。

換気機能も悪いし、一旦塗った壁もあっという間にカビだらけ。

カビ取りハイターで風呂全面シュッシュするのも大変ですし、どうしたものか悩んでいました。

そんな最強最悪の我が家のカビを超簡単な方法で、しかも5分で撃退することができたのでお伝えします!

※本当にひどいカビ画像なので、嫌な方はご遠慮くださいね!

準備するもの

  • 片栗粉
  • 塩素系漂白剤
  • ゴム手袋
  • 小さめのバケツ

用意するものはこれだけです。

風呂用の塩素系の漂白剤ならシュッシュとすれば泡状になってくれますが、やはり壁や床全面にまんべんなく密着させることは難しいですよね。

頑固なカビは根をはって深くまで入り込んでいますので、漂白剤を密着させ浸透させることが大切です。

実践しました

風呂カビ退治 風呂カビ退治

片栗粉は何でも構いません。

塩素系洗剤は今回カビキラーが家にあったので、それを使用しました。

「塩素系」と書いてあれば大丈夫です。

カビキラーがすぐに終わってしまったので、このあと同じ塩素系漂白剤の「キッチンハイター」を使いましたが同じように落ちましたよ!

ステップ①

風呂カビ退治

バケツに塩素系漂白剤と片栗粉を入れ混ぜます。

量は1:1程度ですが、特に図って同量を入れる必要はなく目分量でかまいません。

壁などに使用する場合は少し固めに作りましょう。

ステップ②

風呂カビ退治 風呂カビ退治 風呂カビ退治

スポンサーリンク

いや~。ひどいカビです。お見せするのも恥ずかしい。

画像では分かりずらいですが、壁もカビだらけです。

ステップ③

風呂カビ退治
カビの部分へ作った片栗粉&漂白剤を塗っていきます。

壁はゴム手袋をした手のひらでザ~っと塗っていきましょう。

ひどいカビの部分にはしっかり乗せていきます。

ステップ④

風呂カビ退治

5分程待ったら50度くらいの熱いシャワーで流していきます。

カビは菌なので50度以上の熱を浴びると死にます。

また、混ぜた片栗粉も熱いお湯をかけると溶けて簡単に落ちますよ。

あんまり熱い熱湯をかけると跳ねて火傷をする恐れがあるのでご注意くださいね。

ステップ⑤

風呂カビ退治 風呂カビ退治 風呂カビ退治

たった5分でこんなにカビが取れました!

床部分はカビキラーが終わってしまった関係で赤枠内しか塗れませんでしたが、キレイになっています。

壁も真っ白です。

一番ひどかったタイルの禿げた部分ですが、多少残っているものの大健闘です。

今後何回かやればキレイになりそうですね。

まとめ

我が家のカビはタイルに入り込んだかなりひどいパターンでしたので、塩素系漂白剤を使用しましたが、普通の住宅なら漂白効果は若干マイルドだけれど安心な素材を使うと良いかもしれません。

ミョウバン50g×水1.5㍑を混ぜ2日間冷蔵後に寝かせ透明になったら、霧吹きで吹きかけ3時間程放置してから水で流す

重曹大さじ4×ぬるま湯1Lを霧吹きで吹きかけ3時間放置してこすって落とす

手間と時間がかかりますが、塩素系漂白剤を使用するのに抵抗がある方はこの方法でも効果がありますのでお試しくださいね。

あと実践するときは濡れていない状態の壁や床で実践してくださいね。

濡れているとせっかく片栗粉で粘着力を弱らせてしまいますからね。

マスク手袋換気もしっかり行って安全な状態でカビ取りはしてくださいね。


最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする