アーモンドミルクの7つの効果 健康と美容に効果抜群です

アーモンド効果
話題のアーモンドミルクご存じですか?

健康・美肌・ダイエットなどその効果は幅広いんです。

いまテレビに出ているモデルさんや芸能人もスーパーフードとしてアーモンドに注目していますよね。

若返りのビタミン”として有名なビタミンEを豊富に含んでいて天然のサプリメントとも呼ばれています。

アーモンドをそのまま食べるのも良いですが、アーモンドミルクとして液状で摂取することによって消化吸収しやすくなり更に健康効果が期待されるんですよ♪

「ミルク」といっても実は牛乳じゃないんです!

なので牛乳アレルギーがある方やお腹がゴロゴロする方も安心して摂ることができます。

アーモンドミルクはお料理にも幅広く使えるので、毎日続けやすいのも嬉しいですね。

今回はアーモンドミルクのすごい効果についてお伝えします!

スポンサーリンク

アーモンドはナッツの中でも低糖質ビタミンミネラルが豊富に含まれています。

まずは、アーモンドの栄養素について知ってみましょう!

  • ビタミンE

ビタミンEは老化予防に効果を発揮する抗酸化作用をもつビタミンです。

体内の脂質の酸化を防いで体を守り、老化に関連する病気を防ぐ働きをします。

動脈硬化などの生活習慣病予防にも期待できるんですよ。

血行を良くしてくれるので冷え性肩こりにも効果があるので、女性はさらに嬉しいですね。

油に溶ける性質があるので油で炒めて食べると効果的に栄養を摂取できます。

  • カルシウム

乳製品に多く含まれていることで有名なカルシウムですが、アーモンドにも含まれています。

納豆や豆腐などの大豆製品や、小魚やひじき・わかめなどの海藻類にも含まれています。

現代になり骨粗しょう症の知識が広まってきて、50代60代の方の方がカルシウムをきちんと摂っています。

最近の調査によると20代前後のカルシウム摂取量が最も少なく若い世代の方がカルシウム不足が深刻になってきているんですよ。

  • オレイン酸

アーモンドに脂質が多いイメージがありますが、その脂質のほとんどはオレイン酸と呼ばれるものです。

オレイン酸はオリーブオイルにも多く含まれることで知られています。

オレイン酸のはコレステロールを下げたり血液をサラサラにする効果があるのが特徴で、オリーブオイルを多く摂取する地中海沿岸の人たちの心疾患死亡率が低いことから注目されました。

腸の運動を促すので、便秘や腸内環境の改善に効果もありますよ。

  • マグネシウム

マグネシウムは骨や細胞に多く存在しています。

体を維持するのに大切なミネラルなので、人体はマグネシウムが不足すると骨からマグネシウムを取り出して一定に保とうとします。

それくらい体には必須のミネラルなんですね。

骨を作るのにはカルシウムというイメージですが、このマグネシウムが一緒にいないとカルシウムは上手く吸収されません

マグネシウムとカルシウムは「ブラザーイオン」と呼ばれるくらい重要な関係なんですよ♪

  • 食物繊維

アーモンドに含まれている食物繊維は”不溶性食物繊維”と呼ばれるものです。

不溶性食物繊維とは水に溶けにくい食物繊維なので、腸内に入ると水を含んで膨らみ腸内をコーティングしてくれます。

腸内環境を整えてくれるので、免疫力をアップする効果もありますよ。

食物繊維を多く含むとされている玄米の約8倍も食物繊維が含まれているんです。

  • トリプトファン

トリプトファンは不眠やうつ病の改善に効果を発揮するトリプトファンです。

このトリプトファンは体内で作られないので、食物から摂る必要があるんですよ。

不眠改善に効果的なセロトニンはこのトリプトファンが原料になっています。

でも、トリプトファンだけではセロトニンは作られずビタミンB6が必要なんです!

お料理の中で上手に一緒に摂るといいですね。

アーモンドミルクの7つのすごい効果

アーモンドミルクは栄養素が豊富なので、小さなお子さんからお年寄りまで健康維持のために家族全員で摂取していきたいですね。

小さなお子さんにはそのままナッツを食べさせるのは怖いので、アーモンドミルクで同じ効果を摂れるのは嬉しいです。

生活習慣病の予防にも効果的なので、おじいちゃんやおばあちゃんも元気で生活できるように積極的に摂って欲しいですね。

すごい効果①:抗酸化作用でアンチエイジング

抗酸化作用の強いビタミンEが含まれているので老化スピードを押さえてくれます。

また、老化を促進するAGEsという物質を作らせない・吸収させない成分が含まれるので、アンチエイジングに効果抜群です。

すごい効果②:生活習慣病の予防になる

不溶性の食物繊維の効果で腸内での急激な血糖値上昇を防ぎコレステロールの吸収も押さえてくれます。

また、オレイン酸の効果で動脈硬化の防止・血液サラサラ作用で心疾患や脳血管疾患の予防に繋がります。

さらに、マグネシウム・カルシウムの効果で骨粗しょう症の予防や血圧を正常に保つ作用がありますよ。

すごい効果③:美肌効果

肌を再生産生するタンパク質や脂質、ビタミンE、をバランスよく含むので、美肌をつくるのに効果的です。

毎日アーモンドを食べている人は-10歳くらい若くみられる人もいますよ!

それだけ美肌効果がすごいんですよね。

スポンサーリンク

すごい効果④:コレステロールを下げる効果

アーモンドにはコレステロールは含まれません。

コレステロールはゼロなので、コレステロールが気になる方も安心して摂ることが出来ますね。

また、食物繊維やオレイン酸の働きで悪玉コレステロールを下げる効果もあるので、さらに嬉しい!

すごい効果⑤:便秘解消&デトックス効果

なんといっても食物繊維が豊富なので、便秘解消には効果的!

便秘の人の便はカチカチですが、アーモンドに含まれる食物繊維は不溶性で水分を含むと膨らむので、便の中で水分量を増やしスル~っと出してくれます。

オレイン酸も腸内の潤滑油的な働きをしてくれますよ。

便秘が解消すると良いことづくめで、肌荒れの解消や免疫力アップにも効果的です。

すごい効果⑥:ダイエット効果

食事で摂った脂肪は体内でリパーゼという酵素によって分解され、腸内で吸収されていきます。

アーモンドミルクにはこのリパーゼの働きを抑制する物質が含まれるので、余分な脂肪は分解・吸収されず体外へ排出されるんです。

さらに食物繊維で便秘解消にもなりダイエット中の方には嬉しい効果ですね。

すごい効果⑦:乳成分は含まれません


見た目は「ミルク」にそっくりですが、乳成分は含まれません

乳製品や大豆アレルギーの方も安心して飲めますよ。

乳糖を含まないので、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう人にもおすすめです。

アーモンドミルクを摂る時のポイントは?

アーモンドミルクは熱に強いので、積極的にお料理に使えます。

㏠に250ml程度でアーモンド25粒分が摂取できます。

市販で売っているものは、砂糖・香辛料・着色料を含まない物を選びましょう。

自宅でも簡単に作る事が出来ます。

アーモンドミルクは熱に強いので、積極的にお料理に使えます。

いつも飲んでいるコーヒーなどに混ぜれば、風味やコクが増して美味しくいただけます。

意外にもほうじ茶にも合うんですよ♪

グラタンやオムレツ、おやつ作りの牛乳替わりにも使えるのでお料理全般に幅広く使えます。

㏠に250ml程度でアーモンド25粒分が摂取できます。

アーモンドの効果を期待するなら、㏠に25粒ほどを食べると良いとされています。

1㍑に100粒のアーモンドが使われているアーモンドミルクなら、㏠250ml程度でアーモンド25粒分が摂取できる計算になりますよ。

市販で売っている物は砂糖・香辛料・着色料が使われていないものを選びましょう。

アーモンドミルクの効果が広まり、市販で販売されているものも多く見かけるようになりました。

中には砂糖・香辛料・着色料などが含まれるものもありますので、成分をよく見て選びましょうね。

自宅でも簡単に作ることができます。

アーモンドミルクは自宅でも簡単に作ることができます。

用意するものはアーモンド(100g)水(500ml)だけです♪

アーモンドと水をミキサーに入れて「かくはん」→「こす」→「しぼる」でアーモンドミルクの完成です!

「こす」時は、ザルとボールを重ねて、大き目のふきんを敷いてやると上手くいきますよ。

しぼった後のしぼりかすも捨てないで!

しぼりかすにも栄養成分や食物繊維が豊富です。

お菓子やお料理に混ぜて使ってくださいね。

冷蔵庫で保管が可能ですよ♪


生アーモンドとローストアーモンドがあります

生アーモンドと火を通して炒ったローストアーモンドがあります。

生アーモンドとローストアーモンドのメリット・デメリットをお伝えしておきます。

ローストアーモンド

ローストされたものは火を通してあるので、栄養価が落ちると言われることもありますが、アーモンドに含まれる成分に火に弱いものはほどんどありません

アーモンドは海外から輸入されるので安全面でも安心です。

ただ、火を通すと油分が酸化していくので好まない人もいます。

アーモンドミルクの出来上がりは香ばしくなり、お菓子作りなどに向いていますよ。

生アーモンド

生アーモンドはフレッシュな酵素やビタミンを摂ることができ栄養素を新鮮なまま摂ることが出来ます。

アーモンドには「酵素抑制物質」という酵素の働きを抑制する物質が含まれるので、そのまま摂取すると、体内に入った時に消化を促す酵素を抑制し体に負担となります。

この「酵素抑制物質」を解除するには、「火を通す」or「8時間~12時間水につけておく」必要があります。

「火を通す」→ローストアーモンドですね。

少し手間ですが、生アーモンドを使用する際は浄水器を通した水にしっかりと浸けてから使用してくださいね。

また、生アーモンドはカビやすく細菌が繁殖しやすいので、冷蔵庫で保管するなど安全面には注意してください。

アーモンドミルクの出来上がりはフレッシュなサラリとした出来上がりになります。

まとめ

健康・アンチエイジング・美肌など良いことが一杯のアーモンドミルクですね。

是非、ご家族全員の健康維持のためにも積極的に摂取していってくださいね。

アーモンドミルクの健康効果は毎日とり続けることで実感できます。

毎日の食事に取り入れるだけなので、続けやすいですよね。

アーモンドミルク生活に慣れてきたら、是非ご自分でも作ってみてくださいね。

コストパフォーマンスも良くなりますよ♪





最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク