3~5歳男の子に贈るクリスマスプレゼント☆ママにも喜ばれます

クリスマスプレゼント男の子クリスマスといえば子供にとってはクリスマスプレゼント。

我が子へプレゼントするなら、なんとなく好きな物が想像できるけど、甥っ子や友人の子供へプレゼントとなると何がいいのかな?と悩みますよね。

そんなお困りの方に4歳男の子のママの私が、男の子なら貰って絶対喜ぶプレゼントを厳選しました。

今回は3~5歳の男の子が喜ぶプレゼントでママ目線でも喜ばれる品をお伝えします。

最後にママ目線で「正直コレ貰っても困るのよね~」という物も書いています。

スポンサーリンク

車や電車のオモチャ

男の子は車や電車が大好きです。

車派か電車派かに多少分かれますが、好みが分かればその方が良いですが、大体どちら派でも車か電車なら喜びます。

ただ、300円~500円くらいのトミカの車はたぶん山ほど持っていますので、プレゼントにチョイスしないでください。

トミカの車って意外とリアルに作られていて、色々な種類があるので親の方が夢中になって集めてしまったり(我が家も)、ちょっとしたお土産に子供に買っていったりして本当に沢山のトミカが家にあることが多いです。

クリスマスプレゼントに選ぶなら、3000円~5000円程度で、ボタンを押すと色々アナウンスや音がなったりするオモチャや、ラジコンで走らせる車や電車が喜ばれますよ。

ブロック

男の子はブロックで遊ぶのも大好きです。

もうよくわからない物を黙々と作り上げていきます。

ブロックはケースに入っているので、ママとしても片付けが出来てコンパクトにまとめられるので嬉しいんです。

学研ニューブロック」は柔らかい素材なので下に小さい子供がいても安心です。

レゴブロック」は色々な種類があり、年齢に合わせて選ぶと良いですよ。

恐竜

恐竜も男の子に不動の人気です。

恐竜のプリントされた洋服や、恐竜の人形恐竜図鑑など色々ありますよ。

我が家の子供が喜んだのは恐竜図鑑でDVDつきのものです。

リアルなCGで構成されていて親がみても楽しいですよ。

本屋さんに行けば色々な種類の恐竜図鑑が売っています。

あと、もらっておもしろかったのが「恐竜時代」という本です。

これは開くと飛び出す仕掛けになっていて、子供も大興奮でした。

スポンサーリンク

スニーカーやリュック

男の子は外で遊ぶのが大好きです。

冬でも全然関係なく子供は風の子のごとく、外を駆け回っています。

子供に人気がある「瞬足」は、幼稚園や保育園に通っている男の子なら履いている子が多く、周りの子が履いていると自分も欲しくなるのが子供ですよね。

我が子も瞬足を履いていると足が速くなると信じていて、「今日は瞬足だから一番早く走れるんだ!」と言いながら駆け回っています。

リュックも男の子には必須です。

三歳くらいになるとママやパパの真似をしたがり、色々リュックにつめて「お仕事行ってきま~す」と言って、外に出ていきますよ。

外に出て遊ぶ機会が多いので、水筒を入れたりハンカチ・ティッシュ、着替えなどはママは常に持ち歩いています。

自分用のリュックに入れて行けば、本人も大得意だし荷物が減ってママにも優しですよね。

パズル

これは興味のある事ない子に分かれるかもしれません。

どちらかというとこの年齢では女の子の方が、集中して出来る傾向にあります。

ただ、ママとしては知育の為にもパズルやって欲しいな~と思います。

我が子はほとんど興味がなくて、戦隊シリーズのパズル38ピースのものを2・3回で終了でした(笑)

唯一興味を持ったのが「賢人パズル」です。

これは知育にもなるし、うちではジジ・ババが頭の体操でも使って遊んでいます。

正直ママが貰って困るな~と思う物

これはママによって意見が分かれるかもしれませんので、ご参考までにです。

  • 剣やピストル
  • ライダーや戦隊シリーズの変身ベルト
  • 高価すぎる物

剣やピストルは子供はカッコいいので欲しがりますが、安全面でママとしては困るな~と思う物です。

だって、絶対振り回しますから!

ライダーや戦隊シリーズの変身ベルトは絶対に子供は喜びますが、ママとしては頭の痛い代物です

だって、ベルトがあればその他の変身用のグッツを欲しがりますから!

高価すぎる物もちょっと困るな~と思います。

ストライダーや自転車などは子供が喜びますが、高価なので自分たちかジジ・ババに頼もうかなと考えます。

だって、お返しを考えなきゃいけないですから!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

何か参考になるプレゼントは見つかりましたか?

自分の子供より、他人の子供に贈るプレゼントって難しいですよね。

でも、せっかくプレゼントするなら喜んで欲しいですもんね。

素敵なクリスマスになるといいですね。





最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする