電気毛布は赤ちゃんになぜ危険?安全なお布団の温め方は?

電気毛布 赤ちゃんまだ小さな赤ちゃんをネンネの時に冷たい布団に入れるのは、親としてはちょっとためらうものですよね。

初めての子供なら尚更心配ですよね。

私の夫の実家が寒冷地にあるので、お正月に帰ると極寒です。

夜に電気毛布無しの布団に寝せて、子供が凍死したらどうしよう‥なんて事まで心配しました(笑)

でも工夫をすれば赤ちゃんも暖かく眠れます。

暖かい布団の方がきっと眠りやすいだろうと、電気毛布をお考えのママ!

赤ちゃんに電気毛布は禁物です。

赤ちゃんを電気毛布で温めたお布団に眠らせることで、色々な危険にさらすことになりかねません。

今回は、赤ちゃんを電気毛布で温めたお布団に寝せる事の危険性と、安全なお布団の温め方についてお伝えします。

スポンサーリンク

電気毛布は赤ちゃんに危険
体温調節を妨げる

赤ちゃんは新陳代謝が活発で基礎体温が37度前後と高めです。

体温の調節を手足から放熱することで行っています。

なので手足が冷たくても体が暖かければ大丈夫

赤ちゃんはまだ体温を調節する機能が未熟なので、放熱出来ない状態に置かれると、どんどん体温が上昇していしまいます。

電気毛布を使うことで、赤ちゃんは加温されていき体に熱がこもってしまう、いわゆる「うつ熱」の状態になってしまうんです。

この体温の上昇を抑えるために身体の活動(呼吸数や血圧など)を更に低下させることでSISD(乳幼児突然死症候群)に至るのではないかとも言われています。

SISD(乳幼児突然死症候群)

それまでの健康状態および既往歴からその死亡が予測できず、しかも死亡状況調査および解剖検査によってもその原因が同定されない、原則として一歳未満の児に突然の死をもたらした症候群

ーSIDS診断ガイドラインより引用ー

 

脱水状態を引き起こす

赤ちゃんは汗っかきですよね。

電気毛布によって温められた赤ちゃんは汗をかきます。

でも電気毛布でずっと温められているので、どんどん汗をかいて脱水症状を引き起こしてしまいます。

毎年この脱水症状で病院に搬送される赤ちゃんがいるんです。

中には亡くなってしまう赤ちゃんもいるため、赤ちゃんの脱水症状は本当に注意してあげたいですね。

低温やけどのリスクがある

まだ体を自由に動かせない小さな赤ちゃんの頃は、電気毛布による低温やけどのリスクがあります。

大人が温かくて気持ちよいと感じる温度でも、赤ちゃんの薄い皮膚に一点集中して熱が当たるとジワジワと熱が伝わり低温やけどを負ってしまうんです。

大人より薄く弱い赤ちゃんの皮膚は、一旦低温やけどを負うと重症化しやすく跡に残ったり、感染して重大な事態になりかねません。

ホットカーペットや湯たんぽなども同じ理由で低温やけどのリスクがあるので要注意ですよ!

スポンサーリンク

電磁波の影響がある?

電気毛布から発せられる電磁波の影響も怖いところです。

日本ではまだ規制が緩く認知度も低い電磁波の影響ですが、海外では規制を厳しくしている国もあります。

頭蓋骨のまだ薄い乳幼児は電磁波の影響を受けやすいと言われています。

電磁波の影響で、小児がんや脳腫瘍などの発生が、電気毛布を使わなかった乳幼児より三倍も高くなっているという研究もあります。

電磁波は電気毛布だけではなく、身の回りの家電からも出ているものですが、目に見える物ではないので、我々親が注意してあげたいですね。

あせもの原因になる

赤ちゃんのあせもは夏になると悩みがちですが、冬でも電気毛布などで温められすぎると汗をかいてあせもの原因となります。

あせもは汗をかいたり汚れが残っていると、汗の出口が詰まってしまい引き起こされます。

痒くて不快なあせもを冬にまで赤ちゃんに負わすのは可哀想ですもんね。

安全なお布団の温め方は?

電気毛布は赤ちゃんに危険
衣服で調整する

赤ちゃんは体温が高く、私たち親が思っているよりも暑く感じるものです。

ついつい大人の感覚で厚着をさせがちですが、厚着のし過ぎは赤ちゃんには少し暑いかもしれません。

暑くて汗をかいてグズったり、動きづらくて機嫌が悪くなるのかもしれませんね。

ポイントはしっかりとした生地の肌着を選ぶことです。

厚みのある綿素材の肌着は汗を吸収し、また体温も下げすぎません。

おしりまで隠れる長さの肌着を着せて、パジャマ+スリーパーや腹巻で調整してあげてくださいね。

敷きパットやタオルなどを敷いて置く

暖かい素材の敷きパットや、抱いて寝かせたタオルごと布団に入れてあげれば布団に入ってヒヤっとすることもなさそうですね。

我が家の子供が新生児の頃は、おくるみで巻いて寝せていました。

赤ちゃんは体がキュッとしまっているとママに抱かれている感覚で安心するんですよ。

おくるみで巻いてあげると温かいし良く寝てくれるのでおススメです!

どうしても電気毛布を使う時は?

添い寝をしているママは、布団に入って寒くてねられな~い!という事もありますよね。

冷え性のママに冷たい布団は本当に涙もの。

電気毛布を使うときは、寝る前に布団を温める目的で使ってくださいね。

寝るときに電源をOFFすることをお忘れなく!

布団乾燥機を使う

私が今年の冬に備えて考えているのは布団乾燥機です。

我が子たちは4歳と2歳なのであんまり暖かくすると、逆に暑がって布団から出てしまいます。

真冬の夜中に何度も起きて子供に布団をかけては脱走され、という冬から脱出するべく布団乾燥機購入を検討中です。

布団乾燥機は50度以上の熱で温めてくれるので、ダニ対策にもなりますし寝るときに布団も暖かい!

寝るときは温かく、夜中は徐々に自分の体温が布団に移ってちょうど良く眠れますよね。

これなら、部屋をガンガン暖かくしたり厚着をさせすぎなくても、自分の体温でぬくぬくと大人しく寝てくれるかな?!

まとめ

子供のために温かくしてあげたいお布団ですが、電気毛布の怖さは取り返しのつかない事態になりかねないというところです。

安全に温かくしてあげて、寒い冬を乗り越えてくださいね。



最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする