冬の体臭を予防!原因を探して対策する方法は?

冬の体臭

夏の汗や体臭はこまめにケアして対策されている方が多いですよね。

でも、冬でも体臭は要注意です!

冬なのに服の中から臭ってくる、ブーツを脱いだ時に臭うなど冬なのにあれ? と思ったことは、誰でも一度や二度くらいはあるはず。

夏以上に厄介なのが冬の体臭なんです。

冬の体臭で悩んでいる方は、適切な方法と対策で悩みから解放されるかもしれませんよ。

今年の冬は冬の臭いを撃退して快適に過ごしましょう!

スポンサーリンク

冬の体臭
体臭のほとんどの原因は、皮膚表面にいる細菌が原因です。

そもそも汗じたいには臭いがなく、繁殖した細菌が皮膚の垢や角質、汗や皮脂からの分泌物を栄養として分解し体臭となるんです。

夏より冬に体臭が強く感じる原因はズバリ衣服や靴にあります。

夏は通気性の良い服装で過ごすため、体臭は少しづつ対外へ放出されていきます。

ところが、冬になると断熱性の良い素材の洋服を、何枚も重ね着したり、革靴を履きますよね。

脇の下や靴の中は通気性が悪くなり、ニオイも停滞し濃縮されていきます。

この濃縮されたニオイが、衣服の隙間から放出されると夏よりも強烈なニオイとなるわけです。

また、もう一つの理由として、夏は誰でも汗をかき汗臭くなりますよね。

スポーツをした後の男子ロッカーなんて、本当にもう眩暈がするほどですよね。

ですから、自分が汗臭くてもみんな汗臭いので気になりません。

しかし、冬になると汗をかく人が必然的に少なくなります。

実は、日本人は夏は基礎代謝が低くなり、冬になると基礎代謝が高くなる傾向にあるので、基礎代謝の高い冬の方が 汗をかきやすい状態となっているのです。

汗をかきやすい状態なので、精神性の発汗や暖房などで汗をかくと、意識が集中して汗や体臭が気になります。

また、人間というのは「寒い」ところから、「暖かい」ところへ移動したときにニオイを意識しやすいと言われています。

寒い外から暖かいオフィスや電車に入ったとき、体臭を感じるのはそういう理由なんですね。

体臭が強くなる原因は何?

冬の体臭
体臭の原因となるものを挙げてみます。

当てはまるものがあれば、それが原因かもしれませんよ。

1:加齢

加齢は誰にも避けられないものです。

一般的には40代の中年期から目立ち始めることが多いようです。

加齢臭は生活習慣と大きく関係しているんですよ。

肉類が好き・お酒やタバコをのむ・運動不足・ストレスが多い このような生活の方は皮脂腺にも脂肪分が増えていき体臭の原因となります。

2:脂っぽい食事

体臭の最大要因である皮脂腺やアポクリン腺からのニオイ物質のもとは、ほとんど脂質からつくられる脂肪酸やアルデヒド類です。

脂っぽい食事を過剰に取っている方の体臭の原因となりえます。

3:体が十分に洗えていない

体の洗い残し部分があると、垢や皮脂が蓄積されていき細菌の餌となります。

日焼け止めや制汗剤を使用している方は、洗い残しにより臭いの原因となりますよ。

4:洗濯物の雑菌残り

体臭に思い当たるものがないのに、なんだか臭うという方はこれが原因の可能性があります。

汗や皮脂を餌にして繁殖した細菌は、接触した衣服へ付着します。

実は、衣服をキレイに洗濯して天気の良い日にカラカラに干しても細菌はなかなか洗い落とせません

コインランドリーの乾燥機や煮沸消毒をしなければ細菌は死滅しないのです。

細菌がついた衣服を着て汗をかくと、自分の汗や体温などで生乾きと同じ条件となり、イヤな臭いとなるのです。

5:便秘

便秘で腸の中に便が溜まると腐敗し、アンモニアなどの毒素を排出します。 その毒素が腸管から血中に流れ出して、全身へ回ります。

汗は血液の成分から出来ていますので、汗に血中の毒素がまざり臭いのある汗となるです。

頑固な便秘と体臭がお悩みの方は、便秘の改善で体臭も改善するかもしれませんよ。

7:急なダイエット

急なダイエットにより生産されたアンモニアやケトン体は血中へ混ざり汗へ移行します。

アンモニアやケトン体は臭いの原因となりますので、急激なダイエットをしたあとから体臭が気になったという方はこれが原因かもしれません。

8:魚のような臭いがする

体臭が魚臭いと感じる方は「魚臭症」という病気の可能性があります。

魚臭症は代謝異常の一つです。

普段の食事が小腸内で分解されると、トリメチルアミンという悪臭物質が発生します。

この物質は肝臓で分解されますが、魚臭症はこの臭いを分解する酵素が欠如もしくは低下している病気です。

魚の臭いがすると気になる方は一度病院を受診されてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

体臭の効果的な対策は?

冬の体臭
体臭を改善するために効果的な方法をお伝えします。

1:体をしっかり洗う

体がきちんと洗えておらず、残った皮脂や垢は臭いの原因となり得ます。

洗い残ししやすい部分は以下です。

背中・足の裏・足の指の間・足の爪の垢・わきの下・お尻の割れ目・耳の裏・うなじ・腰

もう一度洗い方をチェックしてみましょう。

2:汗をかいたらこまめに拭く

ここでのポイントは乾いたタオルやハンカチでは拭いてはいけないということです。

その理由は乾いたタオルやハンカチは水分は吸収して拭き取ることは出来ます。

しかし、肝心の臭いの成分までは拭き取れずに肌に残ってしまうのです。

汗を拭き取れば取るほど臭いの成分が露出してしまい体臭が強く感じるようになります。

臭いの成分まで拭き取るのに効果的な方法は、濡れたタオルかハンカチ、もしくはデオドラントシートで 拭き取る事です。

何もない時はウェットシートでも十分ですので活用してみてください。

3:制汗剤を上手に使う

体臭が強い方は塗るタイプの殺菌作用の強い塩化ベンザルコニウムなどの入った商品で軟膏タイプやスティックタイプがおススメです。

4:衣服の雑菌の除去

衣服についた雑菌はなかなか除去できません。

下着や靴下は特に雑菌の宝庫ですが、コインランドリーやクリーニングに毎日出すのも不経済ですよね。

下着や靴下は思い切って買い替えるのがおススメです。

ニオイの付いてしまった洋服はワイドハイターなどの漂白剤を入れて洗濯しコインランドリーで回すか、クリーニングに出すようにしましょう。

衣服に事前に汗臭防止スプレーを気になる場所にかけておくのも有効です。

また、洗濯機がカビだらけだと洗濯物にも雑菌が移行しますので、洗濯槽の掃除を心がけてくださいね。

5:食事の見直し

脂っぽい食事は体臭の原因となります。

野菜中心で和食を心がけてくださいね。

また、食物繊維の多い食事や、腸内環境を整える土壌菌の多い食事を心がけることで便秘の改善をしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

体臭は他人の目も気になるし、自分の気持ちも落ち込んでしまいますよね。

冬の体臭に悩んでいる方は、生活習慣を見直してみると改善されるかもしれませんね。





最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする