門松の意味や正しい立て方は?いつからいつまで飾れば良いの?

門松 意味お正月行事は家庭に幸せを運んでくれる年神様を「迎え・もてなし・見送る」ための行事です。

門松は年神様を迎えるのに重要な意味や役割をするんですよ。

正式な門松を玄関に飾る家も少なくなってきましたが、多くの家庭では略式の門松を飾ります。

正式な門松でも略式の門松でも、正しい立て方がありますので知っておいてくださいね。

門松を飾る期間にも意味があるので是非ご覧ください。

今回は「門松の意味や正しい立て方は?いつからいつまで飾れば良いの?」についてお伝えします。

スポンサーリンク

神様は必ず青い木に降りてくると、日本では古くから考えられてきました。

「青い木」とは榊(さかき)・杉・ヒノキなど、青々とした葉を茂らせる常緑樹のことです。

青い木は神様が宿る「依代(よりしろ)」とされているので、神棚に榊が飾られているのも、神社が緑豊かな杜(もり)に囲まれているのも神様の依り付く場所だからですね。

古代の日本では巨大な石や木に神様がやってくるものだと考えていました。

それが時を経て農村では常緑樹の木を使って神様をお迎えするようになったんですね。

門松は、お正月に年神様が降りてくる目印・案内役です。

年神様を迎えお帰りになるまで門で待っているので、「門松」というんですよ。

もともとは一本だったものが、江戸時代になってから一対で立てるようになりました。

これは、日本人にはなんでも一対だと安定するという観念があるからのようです。

門松を立てている期間を「松の内」といいます。

年始の挨拶などは松の内にしましょうね。

天皇家では門松は不要?

門松を立てて年神様を迎える行事は、農村から起こったものです。

宮中では正月だけでなく一年中、神様がいると考えられていたので、天皇家では門松を立てません。

また、江戸時代の貴族の家も門松を立てませんでした。

正月には神様がくるので、家の中が神様の領域であることを示す飾りをしました。

それが、「注連縄(しめなわ)」と呼ばれました。

そのため、正月の期間のことを「松の内」ではなく「しめの内」と言っていたとされています。

由来を知ってみると面白いですね。

門松の正式な立て方

門松は、中心に立てた三本の竹に松の枝を添え、根元の部分をぐるりと割り木で囲んだものが正式な形です。

それぞれを門の外の左右に立てるのですが、

門の外側から見て左側に雄松(おまつ)を、右側に雌松(めまつ)を立てます。

雌松は雄松よりも松葉が細いのが特徴です。

降りてくる年神様から見て左手に雄松、右手に雌松を立てましょう。



スポンサーリンク

略式の飾りに挑戦してみよう

略式の門松の作り方は簡単です。

和紙で松の枝を二巻きほど巻いて水引を結んだものを手作りしてみましょう。

水引は神様を歓迎する意味を持つ、金銀もしくは赤白のものを使い、蝶結びにします。

松の枝に和紙を巻くときには、正面から向かって右側から和紙がかぶさるようにします。

着物を着るときと同じですね。

水引は必ずが向かって右側です。

赤を右側にする意味は?

これは「左上右下」といって、常に左側が尊い(左上)とする考えがあります。

松の本体に降りられた神様からみて左側が右側より上位なのです。

他の植物や素材を合わせる場合も、松を入れることをポイントとしてくださいね。

いつからいつまで飾ればいいの?

いつ飾ればいいの?

門松を立てるのは29日と31日を避けて立てましょう

29日は「苦松(苦待つ)」、31日は「一夜飾り」といって縁起が悪く神様に失礼にあたるとされています。

28日を良いとされるのは「八」が末広がりで縁起が良いとされる事と、旧暦では12月の日数は変則的で31日まで無い年もありました。

ですから、「苦松」と「一夜飾り」を避けるには28日までに飾るのが良いとされていました。

現在は31日までありますし、28日まで仕事をされる方もいますので、30日に飾っても問題ないと思われますよ。

いつまで飾ればいいの?

「左義長(さぎちょう)」「どんど焼き」「三九郎」などの言葉を聞いたり経験したことはないでしょうか?

これは神様を迎えるために飾っていた門松や注連縄などの正月飾りを焼く行事です。

この焼いた煙に乗って神様は帰られると考えられています。

一般に元旦から10日(東京では7日)を大正月、15日を小正月といいます。

11日に焼くのが一般的ですが、気の早い江戸っ子は7日に正月飾りを焼くようです。

仕事や地域の関係で11日に正月飾りを出せない方は、神社に正月飾りを納めて焼いてもらいましょう。

神社に納めることがかなわない方は、ゴミの日に出すことになりますが、単なるゴミとして処分せず、素材ごとに分別して焼いて神様に帰って頂きましょう。

まとめ

家庭に幸せを運んでくれるとされる年神様をお迎えする門松です。

お迎えからお送りするまで丁寧にしたいですね。

意味や由来を知ると、かつての日本人が大切にしてきたものや生活に密着している様子が伺えて面白いものです。

現在の私達も、もう一度正月飾りの意味を振り返り、後世に伝えていきたいですね。





最後までお読み頂き有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする