鏡餅を飾る場所はどこ?いつからいつまでお供えするの?

正月鏡餅
お正月に欠かせないのが、鏡餅です。

年末に自分の家でお餅つきをする方も少なくなりましたが、地域のイベントなどで見る機会もありますね。

鏡餅をお供えして、おせち料理を食べれば、お正月だな~と実感しますよね。

でも、この鏡餅っていつからいつまで飾ればいいのかご存知ですか?

鏡開きがいつか知らないと、飾ったままでカビを生やしてしまうことも。

鏡餅をお供えする期間や場所を知って、神様からパワーを分けてもらいましょう!

また、鏡餅の意味や願いを知ると昔の日本人の生活が見えてきて面白いですよ。

今回は「鏡餅を飾る場所はどこ?いつからいつまでお供えするの?」についてお伝えします。

スポンサーリンク

お正月に年神様を迎えるのに最も大切なことは、神様へその年の収穫物をお供えすることです。

神様にお供えする物の最高級の物が、お米なのです。

お米は昔から日本人には欠かせないものであり、特に「もち米」はパワーのもとでした。

餅を入れたうどんを「力うどん」と呼ぶのも、餅はパワーの源だからですね。

「餅」という言葉には「持って歩ける」「日もちが良い」などの意味があり、その「もちがよい」ものを丸く丸め、更に重ねて飾ることで益々縁起が良いとされお祝いされました。

また、餅は普段神棚に供えるお米よりも手間をかけて作るので格の高い物とされていました。

鏡餅を丸く作るのは、御神体として崇められた鏡を型取ったものです。

鏡は心を写し、魂をあらわすものなので、鏡のように澄んだ心で正月を迎えたいという願いが込められていますよ。

「望月=満月」に通じて円満を表すとも言われています。

鏡餅はどこにお供えすればいいの?

鏡餅は年神様に居て欲しい場所に飾ります。

床の間や神棚、台所などにお供えしましょう。

また、鏡餅には家族一人ひとりの健康や幸福を祈願するという意味もあります。

これは、「身祝い(みいわい)の餅」と呼ばれるもので、その人が大切にしているものに鏡餅を供えるものです。

家族が大切にしている物や過ごしている場所に、小さな鏡餅をお供えして「今年一年健康で幸せに過ごせますように」とお願いするのも良いですね。

鏡餅の飾り方には地方によって様々ですが、縁起の良い語呂に合わせた縁起物を乗せて祝います。

標準的な飾り方

三方(さんぽう)と呼ばれるお供え物を飾る器に、裏白(うらじろ)・ゆずり葉という葉を乗せ、その上に餅を重ねて飾ります。

昆布を正面に垂らし、紙垂(しで)という神の降臨を示す雷を表す熨斗(のし)を垂らします。

餅の上には代々栄えるように願った橙(だいだい)を飾ります。ここには地方によって稲や干し柿を飾るところもあります。

そこへ海老を添えたり炭をそえたりしますよ。

正月のめでたい飾り物が「十飾り」と呼ばれています。

スポンサーリンク

「十飾り」

①ゆずり葉:

ゆずり葉は「親子草」という呼び名があり、新しい葉が成長してから古い葉が落ちるところから子孫繁栄を願います。

②裏白:

裏白は、表が緑で裏が白いので「裏を返しても心は白い」という意味があり、古い葉が落ちることなく新しい葉が重なって茂る様子を家族の繁栄に見立てています。

③橙(だいだい):

「代々」繁栄を願います。

野老(ところ):

「分にやすんじ所を得る」という意味が込められています。

昔はヤマイモ科のつる草の根を食用にしていましたが、現在は里芋を代用します。

⑤熨斗(のし):

身代をのしあげることを意味します。

⑥炭:

すみよい地に住むことを願います。

⑦昆布:

よろこぶを意味します。

⑧干し柿・串柿:

宝をかき(柿)寄せることを表します。また、子だくさんを祈る気持ちも込めています。

⑨海老:

夫婦ともに長生きする「偕老(かいろう)」に通じています。

⑩勝栗:

欲を制しておのれに克つ(勝つ)ことを表します。

今ではおせち料理に栗きんとんが入りますね。

鏡餅をお供えする期間は?

鏡餅はいつからいつまでお供えすればよいのでしょうか?

鏡餅も他の正月飾りと同様に年末に飾ります

「29日の苦松(苦待つ)」や「31日の一夜飾り」を避けてお供えしてください

お正月の終わりを告げる「鏡開き」

1月11日はお正月に年神様に供えた鏡餅を下します。 

これを「鏡開き」といいます。

下げた鏡餅はおしるこやお雑煮にして皆で食べます。

神様に供えていた餅を下げて食べるということは、神様が去ってお正月が終わるということを意味します。

鏡開きはもともと武家の具足(鎧兜)開きから始まりました。

武家では「身祝いの餅」を具足に飾る習わしがあり、その餅を1月11日に「具足開き」として餅を下げ餅を開いて食べました。

鏡餅を「開く」というのは、武士は刃物で切ることを忌み、手や木の槌で「開く」と勇気のある侍になれるという意味がありました。

また、鏡開きには「歯固め」の意味もあります。

歯を丈夫にするための行事の歯固めですが、昔は歯医者が居なかったため、年の初めに歯の健康を願う歯固めの儀礼を行っていました。

歯固めとは、神様にお供えした栗や餅などを噛んでみる儀式です。

年神様にお供えした餅を歯固めに用いると良いとされるようになりました。

まとめ

鏡餅をお供えするのにも、一つ一つ意味や願いが込められているんですね。

最後は神様にお供えした鏡餅を家族みんなで頂きながら一年の無事を祈りたいですね。





最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする