喪中はがきはいつまでに出せば良い?いつ準備すれば良いの?

喪中はがき いつ出す

毎年、数枚は「喪中はがき」が届きますよね。

喪中はがきが届けば、年賀状は控えようかなぁ、と思います。

でも、いざ自分が喪中はがきを出すとなると、困ってしまいますよね。

特に初めて喪中はがきを出すという方は、わからないことも多いですよね。

いつまでに作って、いつ出せばいいの?

今回はそんな疑問にお答えします!

スポンサーリンク

喪中はがき いつ出す
喪中はがきは正式には「年賀欠礼状」「喪中・欠礼はがき」と言います。

年賀状のやりとりをしている相手に、「近親者に不幸があったので新年の挨拶は遠慮させていただます」 という事をお知らせする案内状です。

近親者が亡くなった場合、”喪に服す”と言いますよね。

喪に服す期間は、「近親者の死により悲しみ身を慎む期間」とされ、 一般的に一年とされています。

身を慎んでいる期間である喪中の間は、おめでたいお祝いや新年を喜ぶ挨拶状は控えることになります。

本来の意としては、「年賀欠礼の挨拶」ですので、年内に届けば問題ありませんでした。

ですが、一般的には「年賀状を送ることが出来ません」という意味合いが強くなっていますよね。

喪中はがきを頂いた方も、「喪中はがきを頂いたので、年賀状は送らない」と捉えていることが多いです。

ですので、送る相手が年賀状を作る前にお知らせする方が良さそうですね。

郵便局の年賀状の受付は12月15日からとなっています。

年賀はがきの販売は11月1日からですで、11月中に年賀はがきを作成される方も少なからずいらっしゃいます。

送る相手が年賀状を作成する前にお知らせするのがマナーとなりますので、11月中旬から下旬には喪中はがきが届くように送りましょう。

スポンサーリンク

喪中はがきはいつまでに準備して作ればいいの?

喪中はがき いつ出す
11月中旬に喪中はがきを送る為には、いつ頃から準備を始めたら良いのでしょうか?

ご自身で作成される場合は、郵便局の通常はがきの胡蝶蘭か、私製はがきと弔辞用の切手を購入します。

これは年間通して販売されています。

郵便局で挨拶文入りの喪中はがきを購入する場合は、9月末から全国の郵便局で販売されます。

その時期になると、郵便局などで「喪中はがきの印刷します」などのポスターが出ますので、 それを目安に準備を始めると良いですね。

 郵便局の印刷サービスなどを利用する場合は、年末になるにつれて込み合ってきます。

余裕を持って印刷を依頼してくださいね。

年末に不幸があったり、喪中はがきを出し忘れてしまったら?

喪中はがき いつ出す
12月に入ってから不幸があったり、喪中はがきを出し忘れてしまった場合もあるかと思います。

年末になってしまうと、すでに年賀状の準備や投函をしている方も多くなりますよね。

その場合は、すでに投函された方に気を遣わせないために、喪中はがきを送らないでおきましょう。

忌中(神式では五十日、仏教では四十九日)と松の内(関東では1月7日まで、関西では1月15日まで)が明けたら 寒中見舞いを送り、年末に不幸があった旨を伝えましょう。

最後に

喪中はがきを出す機会は、そう度々あることではありません。

いざ自分が出さなくてはならなくなると分からないことも多いですよね。

そういった機会にこそ、しっかりとマナーを守っておきたいもの。

年末に慌てないように早いうちから準備しておくと安心ですよ。



最後までお読み頂きありがとうございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク