喪中はがきを送って喪中見舞いに線香や香典が送られてきた場合の対応は?

喪中見舞い お返し

最近はお葬式を家族や親族だけの家族葬で終わらしてしまうことが多くなってきていますね。

喪中はがきで亡くなったことを知る人も多いようです。

故人と親しかった方や友人から、喪中見舞いとしてお線香や香典が送られてくることがあります。

「喪中見舞い」というのは近年になり作られた造語ですので歴史も浅く、 頂いた場合の対応に戸惑う方もいらっしゃいますね。

今回は喪中はがきを送った時に、お線香や香典が送られてきた場合の対応についてお伝えします。

スポンサーリンク

喪中見舞い お返し
地域により差はありますが、お仏前として喪中見舞いにお線香やロウソク、お花などが送られてきた場合は お返しは不要としている場合がほとんどです。

金額的に半返しが難しい場合や、気を遣いすぎたお返しは、かえって相手の負担になることもあります。

故人を偲んでいただいた気持ちへの感謝として、お礼状を送るだけで良いでしょう。

でも、気遣ってくれた優しい気持ちが嬉しかったり、中には大変立派なお線香を頂いたからと、 何かお返ししたという気持ちの方もいらっしゃいますよね。

そういう場合は、タオルやお好きな飲み物やお菓子などを、お返しするとよいですよ。

直接お返しできない時は、お礼状を添えてお返しすると丁寧です。

お返しの時期は、頂いてからなるべく早くに返すのがマナーとされています。

スポンサーリンク

喪中見舞いに香典を頂いた場合は?

喪中見舞い お返し
香典を頂いた場合は、頂いた額の1/3~半額程度の品物を送るのが一般的です。

「仏事は残さない」ということから、日常品のタオルやお菓子が選ばれることが多いです。

また、商品券やカタログを送る方もいらっしゃいます。

この場合も「志」の熨斗(のし)をつけてお返しします。

熨斗紙は黒白、黒銀、または黄白の水引を印刷したものが一般的です。

お礼状を添えるとさらに丁寧になりますよ。

頂いた喪中見舞いはどうすれば良い?

喪中見舞い お返し
お線香や香典は本来であれば故人の仏前にお供えする物です。

ご自身が喪主ではない場合は、喪主の方に連絡しその扱いを伺いましょう。

お線香やロウソクなどは仏前にお供えし、香典のお返しは喪主の方からお返しの品を送ってもらうか、 頂いた金額の中からお返しをして残りの金額は喪主の方に渡すのが良いですね。

最後に

喪中見舞いは最近になり始まった風習とはいえ、徐々に認識されつつある風習です。

「喪中見舞いにお線香を」と線香会社がCMしたり、郵便局でも喪中見舞いの線香パックが売られたりしていますよね。

確立されたマナーというものはありませんが、贈っていただいた方の気持ちに感謝してお返しできると良いですね。



最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役にたてれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする