しめ飾り・しめ縄・輪飾り 正しい飾り方や期間と処分まで

正月 しめ縄

正月のしめ縄・しめ飾りは色々な種類が売られていますよね。

デパートでは作家さんの素敵なしめ飾りも売っていて、インテリアとしても華やかになります。

家庭で飾るしめ縄・しめ飾りの種類は大きくは「注連縄(しめなわ)」「しめ飾り」「輪飾り」に分けられます。

その形によって飾る場所があるのをご存知ですか?

それぞれに正しい飾り場所に飾って年神様をおもてなししたいですね。

今回は「しめ縄・しめ飾り・輪飾り 正しい飾り方や期間と処分まで」についてお伝えします。

スポンサーリンク

しめ縄・しめ飾り・輪飾りはどこに飾る?

しめ縄

神社でしめ縄を見かけることは良くありますよね。

これはしめ縄の内は、神がいる清浄で神聖な場所であることを示しています。

お正月のしめ縄も「この家に神様をお迎えしています」という象徴になるんですよ。

単純に結界を示す意味だけではなく、「結界の中を清浄にして神を招来する力」「悪霊・邪気の侵入を防ぐ力」「神の意志や霊力の象徴」という形で発揮されます。

もともとは家全体を囲って張り巡らすものでしたが、現在では簡略化して神棚や家の戸棚の上に注連縄を張っています。

「左上右下」といって、常に左側が尊い(左上)という考えから、しめ縄の根元(太い方)向かって右側にして張るのが正しい張り方になります。

お札が隠れてしまうのは縁起が良くないといわれていますので、隠れないように飾りましょうね。

しめ飾り

しめ飾りとは清浄なしめ縄を輪にして、うらじろ、ゆずり葉、橙(だいだい)などの縁起物を結び付け、さらに四手(紙垂)をつけたものを「しめ飾り」「玉飾り」と言います。

これを玄関正面につるします。

輪飾り

しめ飾りを小型化・簡略化した飾りを「輪飾り」と言います。

台所トイレの入り口などに飾ります。

飾る期間はいつからいつまで?

飾りはじめ

しめ縄やしめ飾りなどの正月飾りの飾り始めは、12月13日の「正月事始め」から12月28日までの間に飾るのが習わしとなっていました。

現在では12月24日・25日にクリスマスがあるので、クリスマス前に正月飾りを飾るのはなんとなく違和感を感じる方も多いですよね。

正月飾りは29日と31日は避けるようにするのが良いとされています。

それは、29日は「苦」、31日は「一夜飾り」といって縁起が悪く、年神様に失礼にあたるからです。

28日は「八」の末広がりで縁起が良いので28日に飾ることが多いですね。

遅くても30日には飾るようにしてくださいね。

※「正月事始め」はこちらに詳しく書いてあるので合わせてご覧ください→「正月事始めの意味や由来は何?正月の準備に何をすればいいの?

スポンサーリンク

飾り終わり

一般的に元旦から10日までを「大正月」、15日を「小正月」といいます。

この「小正月」に地域や神社の境内で門松や正月飾りを焼きます

地域によって呼び方は変わりますが、「左義長(さぎちょう)」「どんど焼き」「三九郎」と呼ばれるものです。

門松や正月飾りを焼いた煙に乗って神様が帰られると考えられています。

この時、正月飾りと一緒に書初めを燃やすと書道の腕前が上達すると言われていますよ。

煙が高く上がれば上がるほど上達する良きしるしとされています。

この火は神聖で清らかなものなので、火にあたると若さを取り戻せるとか、この火で焼いた餅を食べると一年間、無病息災で過ごせると言われています。

地域によっては、燃えた後の灰を体に塗りつけておまじないをして悪魔祓いをする地域もあるようです。

もし、地域で左義長をやっていなかったり、間に合わない場合は神社に正月飾りを納め焼いてもらうと良いですよ。

この際は、地域のルールに従って、燃える素材と燃えない素材に分けて持参してくださいね。

もし、ゴミとして処分する場合にも素材の分別を行って、それぞれひとまとめにして収めてください。

特に松やワラは小ぶりに切って紙に包んでくださいね。

正月にやってくる年神様って実はこの神様だった!

年神様という民間信仰の基本的な性格が稲作に関わる神様(穀物神)です。

命をつなぐ糧である穀物の豊かさは家の平安や繁栄につながっています。

この年神様と呼ばれている神様は「オオトシ(大年神)」と同神とされています。

神話ではこのオオトシはスサノオノミコトの息子だとされています。

正月飾りである門松やしめ縄飾りなどは、単なる飾りや目印ではなく、昔から新年に降臨する年神様が宿る依り代(よりしろ)と考えられてきました。

つまり正月に飾る正月飾りには神話に登場するオオトシが宿っているんですね。

まとめ

お正月に飾る正月飾りにも昔からの日本人の願いや信仰が込められています。

単純に飾りとして飾るのではなく、年神様をお迎えして歓迎する気持ちを表したいですね。

お子様にもお正月の意味を伝えるいい機会です。

今年のお正月は和の行事を楽しみながら正月飾りを飾ってくださいね。



最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする