お年玉の金額の目安は?上司や目上の方の子供に渡す場合は?

お年玉 上司の子供

正月になり日頃お世話になっている方や上司や恩師への挨拶で御宅へ伺うこともありますよね。

手土産を持ってご挨拶へ行くのは、なんとなく想像がつきますが、御宅にいるお子様へのお年玉はどうしたらよいか分からないものですよね。

今回は上司や目上の方、恩師などの御宅に御挨拶へ伺う際、お子様へのお年玉はどうしたらよいのかについてお伝えします。

スポンサーリンク

お年玉の金額の目安は?

お年玉 目上
お年玉の金額はその子の一か月のお小遣いが目安です。

お小遣いを貰わないような幼少の子供にはオモチャ絵本などの品物でも良いですよ。

  自分の子供 親戚の子供
小学校入学前 千円 2千円
小学校低学年 3千円 3千円
小学校高学年 5千円 5千円
中学校 5千円 5千円
高校生 1万円 5千円
大学生 1万円 1万円

スポンサーリンク

上司や目上の方の子供に渡す時に注意したい事

お年玉 目上
お年玉は、年神様からいただいた魂を、目上から目下へ分け与えた事から由来しています。

大人から子供へお小遣いとして現金を渡すことが一般的ですが、幼い子供には品物でも良いですよ。

基本的には、親戚やごく親しい間柄の子供に渡します。

「目上から目下へ分け与えた」という由来から上司や目上の方のお子様に渡すのは失礼になると考えられています。

ですが、「何にも渡さないのも…。」と考えるのが人情ですよね。

目上の方のお子様に渡すお年玉には「お年玉」ではなく図書料」と表書きして贈りましょう。

金額の目安は一か月のお小遣い程度です。

地域差があると思うので慣習にならってくださいね。

もしお子様の名前が分かる場合は、祝儀袋の上部中央に「図書料」と書き、その下に自分の名前を書きます。

そして、子供の名前を袋の上部左端に書きましょう。

まとめ

目上の方への正月の挨拶回りは少し緊張するものです。

だからこそ、目上の方の御宅にいるお子様への配慮まで抜かりなく行いたいですね。

今後の関係や印象を良好に続けられるようにしたいですね。



最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする