初詣の混雑を避けていつまでに行く?意味や由来を知るとわかる!

初詣

新年に初めて神社やお寺にお参りする初詣です。

人気のある神社やお寺は、本当に混んでいて参拝に長蛇の列という場合もありますね。

特に三が日は本当に混んでいます。

「三が日」とは元旦の1月1日・2日・3日の事を言いますね。

三が日はほとんどの企業が仕事がお休みで、4日から平日で仕事始めをされる方が多いです。

なので、お休み中の三が日に参拝する方がほとんどでしょうか。

でも、この三が日に初詣に行かなければいけないという決まりはないんです。

そもそも、この初詣は明治中期以降に定着した比較的新しい行事なんですよ。

初詣の意味や由来を知るといつまでに行けば良いのか分かりますよ!

スポンサーリンク

初詣はいつまでにいけばいいの?

新年明けて元旦にお迎えする年神様ですので、挨拶は早い方が良いですが、三が日を過ぎてしまったら松の内(東京では1月7日、関西では1月15日)に、遅くとも15日の小正月を目安に出掛けると良いとされています。

三が日の混雑を避けて、松の内までか15日の小正月までを目安に行くと良いですよ。

小正月を終えると神様が去るとされているので、それ以降にならないようにしたいですね。

スポンサーリンク

初詣の意味や由来は?

この初詣の風習は明治中期以降に定着した比較、新しい行事なんです。

古くから大晦日や元旦にその家の家長が氏神様(その土地の神様)や菩提寺(祖先のお墓がある寺)に参拝や、恵方参り(年神様が来る方向)をしていました。

それが、明治中期にその形を変え初詣として定着していきました。

当時の鉄道会社のPRで定着していったともいわれています。

そもそもお正月に来る年神様は稲作の神様であり、特定の神社に来るものではなく、各家庭に来るものなのです。

初詣が定着する前までは、お正月は家で慎ましく過ごし家庭で年神様をもてなすものだったんですよ。

お正月に年神様をお迎えするのに門松をたてたり正月飾りを飾ったりする風習は江戸時代の農村から始まり定着していきました。

江戸時代の農村では、正月は12月13日の煤払い(すすはらい)から1月14日のどんど焼き(左義長・三九郎など)まで一か月あまり続く大掛かりな祝い事だったんです。

当時の農民は、冬にはほとんど仕事がなかったので、これだけ長い間にわたってお祝いできたんですね。

現在のように元旦や三が日までに神社を参拝するということはなく、1ヵ月をかけ各家庭で年神様をお迎えし、おもてなししていました。

それが年月の流れとともに徐々に簡略化され、4日から仕事始めとなった為に、三が日までにお正月行事を行うようになったんですね。

初日の出を拝むのも意外と新しい

一年で最初の日の日の出とともに年神様が現れると信じられ、富士山に初日の出を詣でるために上る方もいますね。

もともと「四方拝(しほうはい)」といって、東西南北の神を拝むのが一般的でした。

ところが、日清・日露戦争の勝利後「旭日昇天(きょくじつしょうてん)」(幸運は朝日から訪れる)という考えがひろまり、初日の出を拝む人が増えてきたんです。

現在でも宮中行事として四方拝が行われていますよ。

まとめ

新年にお迎えする年神様は各家庭に訪れる神様なので、三が日に神社仏閣にお参りしなければならないというものではありません。

信仰というものは年月とともに変化し受け継がれていくものなので、神社仏閣に詣でることが間違っているということでもありません。

ただ、人気のある神社へ三が日にわざわざ並んでお参りしなければ一年の御利益が得られないというものでもないんですね。

神社仏閣へお参りをすることを重要視するよりも、自分の家を掃除して神様をお迎えする準備をした方が御利益が得られるかもしれませんね。



最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする