振袖を着る時に下着はどうする?事前の準備は?雨が降ったら?

振袖 下着

結婚式でお呼ばれした時に振袖を着たり、新成人の方は成人式で初めて振袖を着る方が多いですね。

振袖を着るときは少しワクワクします。

私も成人式に親から着物を作ってもらって、その後も結婚式のお呼ばれで数回着た経験がありますよ。

でも、なかなか着る機会がない振袖は、分からないことも多いですよね。

着付けは専門の方にやってもらうにしても、自分で準備するものも多いのが着物です。

今回は、振袖や着物を着るときに準備するものや注意しておきたいことについてお伝えしますね。

スポンサーリンク

振袖とは?

華やかな色柄やそで丈長いのが特徴の未婚女性の第一礼装です。

友禅や絞り染めなどの伝統的な柄から最近はモダンなものも多くみられますね。

そで丈が長いほど格が高くなり、最も長い大振袖は結婚式の花嫁さんが着ますよ。

華やかで格調高い帯を、「変わり結び」で豪華に結びます。



華やかで格調高い模様の帯を「ふくら雀」や「立て矢」などの変わり結びで結びます。

長じゅばん

振袖の色に合わせた淡い色の無地やぼかしのものを選ぶと良いですよ。

半えり・だてえり

白か淡い色無地、刺繡の半えりもあります。

着物や好みに合わせて選んでくださいね。

帯揚げ・帯締め

帯の上に見える帯揚げは正装の場合は、白や淡い色の物を選びます。

絞りや金で刺繡してあるものでも良いですよ。

ボリュームのあるものを選ぶと華やかに見えます。

バック

礼装用の小ぶりのバックを選びましょう。

足袋・ぞうり

足袋は白を選んでください。

ぞうりは、かかとが高く、金・銀・白など華やかな色の礼装用のぞうりやぽっくりを選びます。

その他

アクセサリーはつけないのが一般的です。

準備しておくもの

着物を着る当日だと間に合わないこともあるので、前日までにしっかりと準備と確認をしてくださいね。

着るときは時間に余裕を持って準備してくださいね。

前日までの準備

➀着物と帯、合わせる小物を決めましょう

着物や帯、草履やバック、ヘアアクセサリーなどの小物を揃えて、コーディネートしておきましょう。

帯の結び方も決めておくと良いですよ。

②着つけに必要な小物を準備・確認しましょう

●肌着

●足袋

●補正用のフェイスタオル(3~4枚)

●ひも(3~4本)

●長じゅばん(※半えりをつけておいてください)

●えり芯

●だて締め(2本)

●クリップ(2個)

●帯板

●帯枕

●帯揚げ

●着物

●帯

●帯締め

●その他、草履やバッグ、防寒用具、ヘアアクセサリーなど

スポンサーリンク

③前日には着物と帯をつるしておきましょう

畳みシワや収納の臭いを軽減するために、ハンガーにつるしておきます。

下着はどうすればいいの?

着物は胸のボリュームを押さえて着ることで美しくみえます。

ブラジャーは胸を高くみせますし、着物の圧迫で苦しくなったり痛くなる恐れがあります。

和装用のブラも売ってますし、スポーツブラや胸が小さめの方はカップつきのキャミソールでも良いですよ。

衣紋から見えないように、襟ぐりが大きく開いたものを身につけてくださいね。

《人気 新BR》和装ブラ 補正下着 和装ブラジャー 肌着 フロントファスナー 白/ピンク/ベージュ S/M/L/LL/3L 着物 仮装 コスプレ【メール便配送可】(zr){P16}

雨雪の場合の準備は?

当日、雨や雪で天気が悪そうな場合は、雨雪対策をしておきましょう。

特に、ぞうりの革底は水に弱いため、雨用の草履を履いて会場に入ったら履き替えるようにすると良いですよ。

傘は洋傘でかまいませんが、紳士用の傘など大き目の傘を使うと濡れにくいですよ。

着物は濡れると色落ちや水ジミが出来ることがあるので注意してくださいね。

万が一、泥や水で汚れてしまった場合は、こすったりせずにハンカチやタオルなどを上からそっと押しつけて、水気をとっておいて使用後に専門店へ出して染み抜きしてくださいね。

《女性用 雨よけ草履》雨の日のおでかけに!雨用草履(22cm〜23.5cm) 雨 草履 時雨履き しぐれ草履 爪先付 防寒草履 雨避け ウレタン底 レディース 送料無料 フリーサイズ【あす楽対応】(zr)

まとめ

あまりない振袖を着る機会ですので、準備をしっかりして慌てずに楽しみたいですね。

素敵に振袖を着こなして、楽しい思い出にしてくださいね。


最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする