恵方巻を食べる方角は?食べ方の意味や意外な由来もご紹介

恵方巻 いつ

2月3日は節分ですね。

豆まきをして厄を払う行事が一般的ですが、近年になり恵方巻を食べるという行事も全国に普及してきましたね。

若い年代の子供達には、節分の行事として当たり前になじんでいるようですが、私達の世代では急に広まった印象があります。

昔、テレビで「節分に恵方巻という行事をしている地域がある」というのを見て、へ~っと思っていたのが、気づいてみたら、私も毎年当たり前のように食べています。笑。

その年に決まっている「恵方」という方角に向かって、太巻きを食べるというのはイメージはつきますが、なぜ急速に広まったのでしょうか?

「恵方」ってなんだか縁起が良さそうですが、いったい何なんでしょうか?

今回は、意外と知られていない恵方巻の由来や意味、今年の恵方についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

そもそも恵方ってなに?

恵方
恵方とは、陰陽道においてその年に最も縁起がよいとされる方角のことです。

歳徳神(としとくじん)という神様のいる場所を指します。

歳徳神はその年の福徳(金運や幸せ)を司る神様のことで、年神様、正月様などの呼び方がありますよ。

その歳徳神のいる場所は毎年変わるため、恵方も毎年変わります。

毎年変わるというと複雑な感じがしますが、実は恵方には4種類の方向しかありません。

●東北東やや右 ●西南西やや右 ●南南東やや右 ●北北西やや右

この4方向しかないんです!

この恵方は、その年の干支(えと)の十干(じっかん)によって決まります。

私達が「干支」といってイメージするのが、「子(ね)丑(うし)寅(とら)・・・」というものですが、これは十二支(じゅうにし)といわれるものなんです。

十二支と十干を組み合わせて年を表すのが「干支(えと)」と呼ばれるんですよ。

この干支が一回りして、同じ組み合わせに戻るのにかかる期間が60年です。

数え年で61歳になると、産れた時の干支に戻った方を還暦(かんれき)と呼び、赤ん坊に戻ったとします。

還暦のお祝いに赤いちゃんちゃんこを着るのはこの考えに基づいていると言われていますよ。

今年の恵方の方角は?

恵方
今年の恵方は「南南東やや右」になります。

恵方を決める十干(じっかん)は中国古代思想における五元素の「木・火・土・金・水」の五行をそれぞれ兄(え)と弟(と)にわけたもので、

甲(こう)乙(おつ)丙(へい)丁(てい)戊(ぼ)己(き)庚(こう)辛(しん)壬(じん)癸(き)

の十種類をいいます。

スポンサーリンク
今年の恵方の確認をしてみましょう

十干は西暦の末尾によって決まっています。

まずは、今年の十干を確認しましょう。

 2018年なら末尾が「8」なので「丙・戊・辛・癸の年の恵方」になりますね。

 下の表をご参照ください。

「西暦末尾」       「十干」

●西暦末尾が2・7の年 ➡ 丁・壬の年の恵方

●西暦末尾が4・9の年 ➡ 甲・己の年の恵方

●西暦末尾が1・3・6・8の年 ➡ 丙・戊・辛・癸の年の恵方

●西暦末尾が0・5の年 ➡ 乙・庚の年の恵方

②その次に恵方を確認していきましょう。

 2018年の場合は「丙・戊・辛・癸の年の恵方」なので、「南南東やや右」ですね。

 下の表をご参照ください。

「十干」      「恵方」

丁・壬の年の恵方北北西やや右

甲・己の年の恵方東北東やや右

丙・戊・辛・癸の年の恵方南南東やや右

乙・庚の年の恵方西南西やや右

恵方巻の食べ方や意味は?

恵方巻
太巻きを食べるときは恵方の方角を向いて、切らずにそのまま食べます。


その際、無言で祈りながら食べます。

太巻きを食べるというのは、「福を巻く」という意味があり、切らずに食べるのは縁を切らないという意味があります。

また、無言で食べるのは食べている間に話すと福が逃げてしまうと言われていますよ。

「無言参り」などにみられるように、無言という行動に「神事」の意味を持たせたのではないかという意見もあります。

太巻きは七福神にあやかり7種類の具が入った太巻きを用意することもありますよ。

恵方巻の意外な由来と普及

恵方巻の起源は諸説あり定かではありません。

節分の起源は、奈良時代に朝廷で追儺(ついな)という宮廷の鬼を払う行事を大晦日に行っていたことが、のちに節分の風習に変わりました。

追儺(ついな)は中国の疫病の鬼を子供達が桃の弓で追い払う風習にならったものでした。

天皇の側近が四ツ目の仮面をかぶって鬼になり、子供たちに追われてあちこち逃げ回るというものです。

江戸時代になるとこの風習が庶民にも広がり盛んに行われるようになりました。

「恵方巻を鬼の金棒に見立てて厄除けの意味で食べられていた風習」「大阪の船場で商売繁盛を祈願する風習」が江戸の末期頃にあったといわれることもありますが、定かではありません。

時代は移り、大正時代になると大阪の一部の地域で、恵方の方角を向いて海苔巻きずしを食べる風習が確認されています。

その当時は「恵方巻」ではなく「節分の巻き寿司」と呼ばれており、今のように太巻きではなく漬物を巻いた海苔巻きでした。

一旦は廃れた風習となりましが、昭和に入り大阪を中心に復活をしました。

1970年代に大阪の道頓堀で巻き寿司の早食い競争が行われ、これがメディアに取り上げられると関西まで広がりをみせたのです。

全国的に広まりだしたのは1980年代に入ってから、大阪と兵庫県のファミリーマートが先駆けとなり1989年にセブンイレブンの個人オーナーが初めて「恵方巻」という名前で売り出し全国的に普及したんですよ。

こうやってみると本当に最近の風習なんですね。

昔からの日本の風習だと思っていたらコンビニの経営戦略だったとは驚きです。

まとめ

恵方巻という名前も風習もごく最近の風習でした。

ただ、昔から日本人は恵方などの方位を大切にしており、恵方は神様がいらっしゃる方角としてお正月には年神様をお迎えします。

新しい風習ではありますが、恵方に向かって神様へお祈りするというのは、昔からの日本人の心や風習を受け継いでいて温かい気持ちになりますね。

これからの子供達には当たり前の風習として定着していくんでしょうね。



最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする