年賀状を作るなら知らなきゃ恥ずかしい基本のマナー

年賀状マナー

新年を迎えるにあたって準備したいのが年賀状ですね。

ご無沙汰している方には一年に一度ご挨拶するチャンスです。

パソコンや携帯が普及してLINEやメールで挨拶する方が増えて、年賀状のやり取りも減ってきているようですね。

私も若い頃は友人とはメールで新年の挨拶を済ませていました~!

でも、社会人になり結婚して子供が産まれると、写真つきの年賀状で友人と子供達の近況を報告したり、会社の上司や親戚に挨拶するようになりましたよ。

そう、ここで注意したいのが年賀状の作法です。

友人に出す年賀状と上司や親戚に出す年賀状、全て一緒の年賀状ではないですか?

今回は知らないと恥をかく年賀状のマナーについてお伝えしますね。

スポンサーリンク

ここがポイント!賀詞を間違えてはいけない

「賀詞(がし)」というと聞きなれないかもしれませんが、「謹賀新年」「あけましておめでとう」という、年賀状の冒頭にくる言葉です。

年賀状の一番大切な言葉は、この賀詞です。

賀詞は「ことほぐ(寿ぐ・言祝ぐ)」言葉といわれ、「祝いの言葉をいう」という意味になりますよ。

漢字の賀詞

「謹賀新年」や「賀正」などの漢字の賀詞をデザインした年賀状を使用するときは、文字の数にマナーがあるので注意してくださいね。

目上の方や会社の上司などお世話になっている方には、「謹賀新年」など漢字四文字の賀詞を使うのが正式です。

「賀正」や「寿」など2文字や1文字の賀詞は4文字の略式とされているので、目上の方には失礼にあたります。

文字数の少ない漢字の賀詞は、友人や知人など、親しい関係の相手に使ってくださいね。

最近は「謹賀新年」などの賀詞が入った年賀状に「寿」「福」などのデザインがされた年賀状が売られていますが、これは「二重賀詞」といって本来の形式ではありません。

漢字の賀詞 例

四文字:「謹賀新年」「謹賀新春」「恭賀新年」「恭賀新春」「新春万福」「笑門来福」

二文字:「賀正」「迎春」「頌春」「新春」「初春」「賀春」「寿春」「慶春」

一文字:「寿」「福」「春」「賀」
よく使われる「迎春」はいわば「春が来たね」といった意味合いです。

また、「賀正」も「正月おめでとう」といったやや軽い印象の挨拶になるので、目上の方には避けた方が良いですよ。

文章の賀詞

文章の賀詞は目上の方から親戚、友人まで使えて便利です。

漢字の賀詞よりも文章の賀詞の方が印象がやわらかく、どのような立場の相手に送っても失礼がありませんよ。

ただ、恩師や上司などの目上の方に賀詞を「あけましておめでとうございます」とするのは、カジュアル過ぎるので、相手によって度合いを決めましょう。

文章の賀詞の例(上から下にかけてフォーマル→カジュアルになります)

●新春を寿ぎ謹んで御祝詞を申し上げます

●謹んで年頭の御祝詞を申し上げます

●謹んで新年(初春)のお慶びを申し上げます

●新春(初春)のお慶びを申し上げます

●あけましておめでとうございます
「新年あけましておめでとうございます」というのは実は間違いなんです。

「新年」=「あけまして」を意味するので、正しくは「あけましておめでとうございます」もしくは「新年おめでとうございます」になりますよ。

間違いやすい英語の賀詞

友人の年賀状には英語の賀詞を使うこともありますよね。

綴りには注意してくださいね。

実は、”A Happy New Year!”というのは正しくありません。

英語圏の国々では、クリスマスと新年の挨拶をかねて

”Merry Christmas and a Happy  New Year”と表現するのが日本に伝わって

A Happy New Year!”が正しいと勘違いされてしまっています。

正しくは「Happy New Year」ですよ~!

スポンサーリンク

ここがポイント!賀詞に続く「添書(そえがき)」は相手への気持ちを表す言葉

賀詞に続く添書(そえがき)はお世話になっていることへの御礼の言葉と、相手の幸福を願う言葉を選びます。

季節の見舞いは本来、目下の者が目上の人に対してご機嫌伺いに先方へ訪ねていくものでした。

昔は現代のように交際範囲がさほど広くなかったので、近隣の人々の同士の間で挨拶が行われていました。

交際範囲の広がった現代では、家を訪ねる代わりに年賀状をはじめとした季節の見舞い状を送るようになりました。

そのため、添書は御礼と幸福を願う言葉を選ぶようにするのが良いですよ。

また、最後に年月日を書くときは「一月元旦」は間違いです。

「元旦」が一月一日の朝を表す言葉だからです。

添書は「昨年のお礼」と「今後のお付き合いや相手の健康や幸福を願う言葉」を組み合わせると上手にまとまりますよ。間に「今年の抱負や決意」を入れても良いです。

どの相手にも使える添書

昨年のお礼


●旧年中は公私ともにひとかたならぬご厚情を賜り誠にありがとうございました

●旧年中は何かと御世話になりありがとうございました

 お陰様で無事に新年を迎えることができました

●昨年中は家族ともどもお世話になりありがとうございました

今年の抱負や決意

●本年も一歩一歩大切に毎日を過ごしたいと思います

●新しい年を実り多き一年にしていきたいと思います

●今年はよりいっそう飛躍の年となるよう頑張ります

今後のお付き合いを願う言葉、健康や幸福を願う言葉

●今年も相変わりませずご厚誼を賜りますようお願い申し上げます

●親しいお付き合いのほどよろしくお願いいたします

●幸多き一年となりますようお祈り申し上げます
職場の上司やお世話になった目上の方に使う添書

昨年のお礼

●昨年中は公私にわたり親身なご指導をいただき誠にありがとうございました。

 お陰様で大変充実した一年を過ごすことができました

●旧年中は大変なお力添えと心遣いをいただきありがとうございました

●昨年中は至らぬことの多い私を暖かくご指導くださいまして心から感謝しております

今年の抱負と指導を願う言葉

●本年も全力を尽くして仕事に邁進いたしますのでご教示を賜りますようお願い申し上げます

●本年も精一杯頑張りますので何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます

相手の健康や幸福を祈る言葉

●皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

●ますますのご健勝とご繁栄をお祈り申し上げます

●より一層のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます

まとめ

年賀状はご無沙汰している方やいつもお世話になっている方にご挨拶をする大切な機会ですよね。

友人との近況報告はもちろん、なかなか会えない相手とも関係を継続していく大切な風習です。

携帯やパソコンが普及してきた今こそ、年賀状で挨拶する温かさを続けていきたいですね。

最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする