年賀状の一言は何て書く?友人が貰って嬉しい年賀状の例文

年賀状一言

毎年出したり貰ったりする年賀状ですが、やっぱり貰って嬉しいのは一言手書きのメッセージが書いてある年賀状ですよね!

進学したり結婚したりと生活が変わると、昔よく遊んでいた友達ともなかなか会えなくなって年賀状のやり取りが楽しみだったりしますね。

貰って嬉しい年賀状のアンケートでも「直筆のメッセージが書いてある年賀状」が1位になっているんです。

続いて2位は「お年玉付き年賀状」というのが、なんとなく気持ちが分かる主婦の私です。

新年を迎えておせち料理を食べていても、年賀状が届かないかな~と何となくソワソワしてしまいます。

カタンっと郵便ポストに届いた音が聞こえると、嬉しくなって玄関に走っていくのは私だけではないはず!

今回は「年賀状の一言は何てかく?友人が貰って嬉しい年賀状の例文」についてお伝えしますね。

合わせてこちらもご覧ください。

年賀状を作るなら知らなきゃ恥ずかしい基本のマナー

年賀状に一言添えるなら?親戚や会社の先輩上司に書く文例は?

スポンサーリンク

貰って嬉しい年賀状の一言メッセージ

一言書いてあっても「あけましておめでとう!今年もよろしく!」だけでは何となく味気ないものですよね。

近況や思い出、今年の目標などを入れていくとグッと嬉しい年賀状になりますよ。

最後に友人の福を呼ぶために、一年の幸せや無事を祈る言葉を入れてくださいね。

普段から良く会う友達

普段から頻繁に会う友達は自分の近況も良く知っていますよね。

いつもはLINEやメールなどでやり取りしている内容を、あえて年賀状に書いてみるのも楽しいですよ。

●旧年は色々なところに旅行へ行けて楽しかったね。

 東京旅行は本当に楽しかった!

 今年は思い切って屋久島へ行こう!

 今年も○○ちゃんにとって素敵な年になりますように

●旧年中は子供達も含めて仲良くしていただいてありがとうございました

 温かくなったらバーベキューでもしませんか?

 ○○さん御家族にとって幸多き一年でありますように

●今年の目標は‐5㎏!頑張ります

 でも、今年もよく働き、よく遊び、よく飲みましょう!

 ○○ちゃんに、沢山の幸せが訪れますように

久しぶりに連絡をとる友達

なかなか会えないけれど、昔はよく会っていた友人は、相手を気にかけていることを伝わるような内容にしましょう。

親しい友人には敬語ではなくフランクな言葉でもかいまいません。

ただし、忌み言葉(別れる・分かれる・切る・去るなど)を使わないよう注意してくださいね。

●すっかりご無沙汰しています

 この季節になると、よく二人でスキーに行ったことを思い出します

 今年も〇〇さんにとって輝く年になりますように

●〇〇君もすっかり大きくなったことでしょう

 成長ぶりを想像しながらも、久しぶりにお会い出来たら嬉しいです 

 ○○さん御一家にとって素晴らしい一年であるようお祈りしています

●卒業アルバムをめくっていたら当時を懐かしく思い出しました

 あの頃のようにゆっくりと話が出来る時間を持ちたいですね

 今年も素晴らしい一年でありますように

結婚したばかりの友人

新生活について尋ねたり、遊びに行きたい旨を伝えても良いですよ。

結婚式の感想を伝えると喜ばれますよ

スポンサーリンク
●新しい生活はいかがですか?

 落ち着いたら、是非お邪魔させてくださいね

 ○○さん御家族にとって幸多き一年でありますように

●○○ちゃんの結婚式は本当に心に残りました

 ドレス姿本当に素敵でしたよ

 また新婚生活の話を聞かせてくださいね

 今年も素晴らしい一年でありますように

●○○さんの結婚式では感動して沢山泣いてしまいました

 お世話になった日々も思い出し感無量の思いでした

 ○○さん御一家にとって素晴らしい一年であるようお祈りしています

友人だからこそ避けた方がよい一言

親しくしている友人だからこそ気を付けたい一言があります

新婚まもなくであっても、そうでなくても、「子供はいつ~?」「はやく子供が出来ると良いね」など、お子さんがいらっしゃらない夫婦にとって、子供が出来る出来ないはデリケートな話題です。

子供が出来ないことに深刻に悩んでいる夫婦にとって、子供の近況報告を聞くことも辛い場合があるので、慎重に話題を選んでくださいね。

進学や就職においても同様で、「早く決まるといいね」や、安易に「大丈夫だよ!」というのも、相手にとっては辛い場合があるので、状況を良く汲んで書くようにしてくださいね。

貰って嬉しい年賀状のポイント

一言メッセージが書いてあるのはもちろんですが、他にも貰って嬉しいポイントがあります。

子供ができると子供の写真を載せた年賀状を送ることが良くあります。

ただ、意見として多いのが「子供の写真だけじゃなくて友人の近況を知りたい」というものです。

写真付きの年賀状を送る場合は、恥ずかしがらずに自分や旦那さんも含めて家族写真を送ると喜ばれますよ。

また、両面印刷が多い今、住所や宛名だけでも手書きで書くと、貰った時に嬉しいものです。

住所や宛名がほとんど印刷が多い中、手書きで書いてくれた年賀状はインパクトがあります。

手書きの部分が多い程、時間と手間をかけて作ってくれる気持ちが伝わって貰った側は嬉しく感じるものです。

お子様がいる御家庭でお子様が字を書ける場合は、お子様に書いてもらってもユーモアになって楽しいですね。

友人の年賀状でも忘れてはいけないマナー

いつまで届ければよい?

一般的には元旦に届くのが礼儀とされていますが、1月7日までの「松の内」までに送るのがよいですよ。

ただ、1月3日の「三が日」の間に届くように準備するのが好印象です。

例年、12月15日から年賀状の受け付けが始まります。

元旦までに届けるためには25日までには投函してくださいね。

年賀状を書き間違えてしまった場合は?

年賀状は縁起物という考えがあるので、書き損じてしまった場合は、修正液などで訂正せず新しい年賀状で書き直してくださいね。

書き損じた年賀状は郵便局で手数料5円程度で新しいに変えてくれますよ。

お年玉付きではない年賀状やポストカードで送ってもよい?

通常の郵便はがきやポストカードで送っても失礼にはあたりません。

その場合は、郵便局が選別する時に年賀状だと分かるように、切手のしたに「年賀」と赤色で書きましょう。

ポストカードを使う場合は、干支のイラストが描かれたものや年賀切手を貼るとお正月らしさがでますよ。

元旦までに届きそうにない場合は?

忙しくしていて年賀状を出すのがギリギリになってしまった場合、年賀状の年月日は「元旦」とするのは避けた方が良いです。

元旦=1月1日の朝をさすので、元旦に届かない場合は「平成○○年 1月」とするのが無難ですよ。

まとめ

友人に出す年賀状はお互いに近況が知れて嬉しくも楽しい物ものですよね。

どうせ出すなら心を込めて、友人が楽しんでくれるものにしたいです。

今年は「あけましておめでとう」の他にも、少し話題を盛り込むと素敵な年賀状になりますよ。



最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする