【年賀状】結婚した方の宛名は連名で出すの?家族宛ての書き方は?

年賀状 宛名書き年賀状の宛名を書くときに、ご結婚された方の旦那様や奥様の名前を、連名にした方が良いのか少し迷いますよね。

反対に自分が結婚した場合、自分の配偶者と面識のない人に連名で書いて出してもよいものかも悩みます。

それに、人数が多い御家族に宛てて書く場合、どのように書けばいいのかも、知っておきたいところです。

また、年賀状の宛名を縦書きで書くか、横書きで書くのかについてもお伝えしますね!

スポンサーリンク

年賀状の宛名書き:連名にすべきかどうか

結婚した方に出す場合も、自分が結婚して出す場合も連名にすべきかどうかは明確にマナーが決まっているわけではありません。

どちらの場合も配偶者とご自分が面識や交流がある場合は連名で書き面識も交流もない場合は必ずしも連名にする必要はありません

相手の宛名を書く時

多くの場合、旦那さんの名前が先になり連名として奥様の名前を書きますので、「友人からきた年賀状で、夫と面識もないのに自分の名前が後ろに書かれている…」と寂しく感じる方もいるようです。

自分の名前宛てに来た年賀状はやはり嬉しいものですので、結婚した方の配偶者と以前から交流がなければ、個人名で年賀状を書く方が良いかもしれませんね。

家族ぐるみで仲良くしている場合に、宛名を連名で書くとよいですね。

相手の宛名を個人名で出す場合

●配偶者と面識が無く今後も会う予定がない方

●相手の結婚に対して何らかの問題がある人

●個人的なお付き合い(個人的なサークルや習い事など)
連名で出す場合はそれぞれの名前に「をつけて書いてくださいね。

〇「山田 太郎様 花子様」 ×「山田 太郎・花子様」

自分達の名前を書く時

ご自分が結婚した場合も、必ずしも自分たちの名前を連名で書かなければいけないわけではありません。

ただ、結婚式に呼ばなかった方へ配偶者の名前を紹介する意味で、結婚した年は連名で書いても良いですね。

自分たちの名前を連名で出す場合

●結婚式に来ていただいた方

●配偶者を相手に紹介している友人・知人

●お世話になっている上司

●将来的に配偶者と顔を合わせる事になる可能性のある人

家族宛てに年賀状を出す宛名書き

家族あてに年賀状を書きたい場合の年賀状の書き方です。

私は、子供を通じて家族ぐるみで仲良くなった御家族には家族宛てで出す場合があります。

御家族が多く書ききれない場合は「山田 太郎様 御家族一同様」とすることも可能です。

子供は自分の名前を書いてある年賀状を嬉しく思うので、家族ぐるみで今後もお付き合いがある場合は、全員の名前を書いた方が丁寧な印象で良いですね。

家族全員の名前を宛名に書く場合

●世帯主を一番右に書く

●世帯主の左隣に妻、子供の順番に書く

●世帯主以外は名字を省略する

●「様」は全員につける

年賀状の宛名は縦書き?横書き?

葉書を書く時に改まった場合は縦書きがおすすめです。

ごく近しい家族や友人には横書きで書いてもかまいません。

スポンサーリンク
縦書きの書き方

住所はできるだけ2行以内に収めるようにします。キリの良いところで開業し、2~3文字下げて並べて書きます。

宛名は中央に大きめに書き、住所より1文字さげて書きましょう。

差出人の名前は切手の幅に収めるようにしてくださいね。


 

縦書きの場合、住所の番地は漢数字?

新聞などは縦書きで数字も漢数字でかかれていますね。

年賀状や葉書も昔から縦書きで書かれ、住所の番地も漢数字が使われることが多いです。

ただ、日本郵便では「郵便物の取り扱いが簡単な方法が望ましい」ために、算用数字を推奨しているんです。

本来、表書き(住所を書く面)は郵便局員が郵便物の情報として読み取るべき情報が書かれているものですので、送りたい相手の住所を正しく読み取って正確に郵便物を届けてもらう必要があります。

縦書きで漢数字を書くと分かりずらい場合は、無理して漢数字を使うより算用数字で正確に届けてもらう方が良さそうですね。

まとめ

年賀状は年が明けて初めての挨拶になります。

そのため色々と悩むこともありますが、貰って嬉しい年賀状をつくりたいですね。

今は両面印刷で住所や宛名も印刷で済ますことが多いですが、手書きで書くとひと手間かけてある印象になるので、おすすめですよ。

最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする