ひな祭りの意味や由来は?いつからいつまで飾ればいいの?

ひな祭り 由来女の子のいるご家庭では3月3日に桃の節句でお祝いしますね。

華やかな雛人形を飾ると家の中もパッと明るくなるようです。

雛(ひな)祭りは桃の節句とも言いますが、昔から桃の木は聖なる木とされているので、ひな祭りの時期に咲く桃の花を使うようになったんですよ。

邪気の象徴である鬼を退治するお話に、あの有名な桃太郎がありますよね~!

今回はひな祭りの意味や由来、飾る期間についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

ひな祭りのルーツは「あか落とし」だった?!

現在では女の子の成長を祝うお祝いの日であるひな祭りですが、これは日本で古くから行われた春の終わりの穢れ(けがれ)落としから起こりました。

3月はまだ寒さの残る季節ですが、旧暦の3月では今の4月から5月はじめにかけての時期にあたる暖かい時期になるんです。

古代の人々はお風呂が無かったので、暖かくなったこの時期に山野や海岸で「浴(ゆあみ)」と呼ばれる水浴で冬の間の垢(あか)を落としました。

この水浴で体をきれいにすることで、様々な罪や穢れ(けがれ)も清められるとされていたんです。

このような三月の水浴は「山遊び・野遊び・磯遊び」などと呼ばれ、家族や親戚が集まって体を洗い、花を眺め、食用の薬草や貝を拾い、ご馳走を食べるなどの行事になってきました。

お風呂が普及していった後は、これが花見や潮干狩りに変わっていったんですよ。

平安時代になると三月の穢れ落としに水浴をする風習がすたれていきます。

それに代わって、人形に穢れをつけて水辺で流すことが流行しました。

これは、中国から伝わった「上巳(じょうし)の祓い(はらい)」という風習がもとになっています。

中国では三月の月はじめの巳の日を「上巳(じょうし)」といい、この日に桃の花の咲いた水辺で盃(さかずき)を浮かべ、その酒を飲むと長寿になると信じられていました。

これが日本へ伝わり、ワラや土で人形を作って体をなで、穢れを人形に移して川や海に流すものへと変わっていきました。

スポンサーリンク

江戸庶民の間で「飾りびな」が流行ったわけ

室町時代になると貴族の間で、人形をつくって遊ぶ「ひいな(ひなの古語)遊び」というおままごとが流行っていました。

「ひな」はちいさくて可愛らしいものという意味なんです。

やがてひな遊びは女の子のお祝いとしてひな祭りに発展しました。

この時代の雛人形は女びなと男びなの一対だけだったんですよ。

ひな遊びが公家から武家へ伝わり、江戸時代になって庶民のあいだで雛人形が流行していきました。

徳川5代将軍・綱吉の時代に3月3日がひな祭りと定まりました。

ひな人形が現在のように七段飾りなど華やかなものになったのは、じつは大奥が関係しているんです。

江戸時代中期以降になると、京都の宮家から輿入れした姫や貴族の女性やその御付きの女官たちが、江戸へ移り住み大奥へと入りました。

その女性たちが、都を懐かしみ一対の雛人形を都においでになる天皇と皇后に見立てるようになり、さらに三人官女や五人囃子、右大臣、左大臣などを加えるようになり雛段を平安御所に模して飾るようになったのです。

一方、庶民の間でも江戸や京都、大阪の商家では緋毛氈(ひもうせん)を敷いた段に多くの人形を並べる雛人形が作られるようになりました。

それは、庶民の貴族生活への憧れから、宮廷の人々を形どったものだと言われていますよ。

どうして3月3日のひな祭りが女の子の節句になったの?

3月3日はもとは誰もが行う穢れ落としの水浴の行事でしたが、雛人形の出現で女の子の節句へと変わっていったと言われています。

また、山遊び・野遊び・磯遊びの時に、女性の成女式が行われていたために三月の節句が女の子の節句になったとする説もあります。

現在でも京都には2歳までの子供は愛宕山に登らなければならないとする風習があります。

これは、山遊びでおこなった成女式の名残とされていますよ。

また、長野県には3月3日に河原で野外炊飯をする神鍋会があります。

これは、成人を迎えた女子が野遊びのときに、自ら飯を炊いて神にお供えする行事の名残だと言われていますよ。

ひな人形はいつからいつまで飾るものなの?

ひな人形は立春(2月4日頃)以降に飾ります。

もともと水に関係する行事なので、雨水(2月19日頃)に飾ると良いともいわれていますよ。

昔からひな祭りが終わったらひな人形を早く片つけないと婚期が遅れると言われています。

これは、「片つけ上手の娘にしたい、お雛様のように早く幸せな結婚をして欲しい、片つけを面倒臭がって出しっぱなしにするのはだらしがない」などの、親心やしつけの意味があります。

湿度の低いよく晴れた日に片つけるようにすると良いですよ。

また、ひな祭りを旧暦で祝う地方や旧暦の3月3日まで飾っておく地方もあります。

まとめ

ひな人形はいつの時代になっても女の子の憧れですよね。

今年はお子様にも雛人形の意味や由来を伝えながら愛でてみてくださいね。

最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする