ひな祭りに食べ物は何を食べる?込められた願いや意味は?

ひな祭り 食べ物お雛様を飾ってみんなでお祝いするひな祭りです。

ママはお子様の為に沢山ご馳走を作ってお祝いするご家庭もありまよね。

雛あられやちらし寿司などひな祭りのご馳走は色鮮やかで華やかですが、それぞれに込められた願いや意味があるんですよ。

今年のひな祭りはお子様に意味や願いを伝えながら楽しんでくださいね。

こちらも合わせてご覧くださいね→「ひな祭りの意味や由来は?いつからいつまで飾ればいいの?

スポンサーリンク

ひな祭りの食べ物をご紹介

菱餅(ひしもち)

ひなまつり 食べ物
ひし形のお餅を重ねたものです。

菱餅の白い色はひしの実を使い、赤色はくちなし、緑はヨモギをつき込んで美しい色を出したもので、造血や虫下しの作用があるといわれていますよ。

白色には「清浄(せいじょう)」の意味が、赤色には「厄病(えきびょう)よけ」の意味、緑色には「厄よけ」の意味があり、すこやかに育ってほしいという願いが込められています。

また、赤・白・緑の菱餅は「雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている」という春の情景も表しています。

ひなあられ

ひなまつり 食べ物室町時代以前に宮廷や貴族の間で「ひいな(ひなの古語)遊び」が流行りました。

「ひな」とは小さくて可愛らしいという意味がありあす。

雛人形に野山を見せてあげようと外へ持ち出したのが「雛の国見せ」と呼ばれました。

その際、携帯食料として持っていったのが、ひなあられの由来と言われていますよ。

菱餅を外で食べるために砕いて持って行ったのが始まりだという説もあります。

確かに同じ色ですよね!

ひなあられの色はそれぞれ、白は「雪の大地」緑は「木々の芽吹き」赤は「生命」を表しているといわれ、この3色のお菓子を食べることで自然のエネルギーを授かり、健やかに成長できるという意味があるようですよ。

同じひなあられでも関西と関東では形態に違いがあります。

スポンサーリンク
関西

ひなまつり 食べ物
餅をくだいて揚げたひなあられが一般的です。

関東

ひなまつり 食べ物


米粒をあぶったものが原型です。

白酒/甘酒

ひなまつり 食べ物
もち米、みりん、米こうじ、焼酎などで作ったにごりのあるお酒です。

本来は桃が百歳(ももとせ)に通じる為、桃の花びらを浮かべた「桃花酒(とうかしゅ)」を飲んでいましたが、江戸時代に白酒ができて定着しました。

白酒はアルコール度数10%前後のお酒ですから、大人しか飲めません!

お子様にはご飯に米こうじを混ぜて作るノンアルコールの甘酒がおススメですよ♪

はまぐりの潮汁

ひなまつり 食べ物
はまぐりのお吸い物で、3月3日に磯遊びをして魚介類をお供えしていた名残です。

はまぐりは一枚の貝を二枚に別々にすると他の貝とは合わないことで、女性の貞操を教える意味や、何事にも相性の良い相手と結ばれて仲睦まじく過ごせるようにとの願いが込められていますよ。

ちらし寿司

ひな祭り 食べ物

ちらし寿司の中にある海老は「長寿」を、れんこんは「見通しが効く」、豆は「健康でまめに働ける」など、縁起のいい海の幸や山の幸を彩りよく華やかに散らしたお寿司です。

最近はケーキちらし寿司など可愛くも楽しいちらし寿司もありますよね。

簡単に作れるレシピもあるので挑戦してみたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ひな祭りの料理にも色々と願いや意味が込められているんですね。

お子様の健やかな成長を幸せを願って今年のお雛祭りは美味しく楽しく過ごされてくださいね。

最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする