お内裏様とお雛様はどっちが右で左?段飾りの雛人形の飾り方は?

ひな祭り 飾り方ひな祭りに飾るお内裏様とお雛様は華やかで本当に綺麗ですよね。

毎年ひな祭りには飾る雛人形ですが、私はいざ飾る時にどっちがどっちだっけ?となってしまいます。

我が家はお内裏様とお雛様だけの2対ですが、段かざりともなると飾り方も毎年調べながらという方も多いでしょうね。

今回は段飾りの飾り方や雛人形それぞれの意味などもお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

男雛と女雛はどっちが右でどっちが左?

雛人形 飾り方
雛人形の男びなを「お内裏様」女びなを「お雛様」と呼びます。

この男雛と女雛をどちらを右に置くか左に置くのかは関西と関東で違いがあります。

段飾りの雛人形は京から江戸の大奥に入った女性たちが都を懐かしみ、一対の人形を天皇と皇后に見立て、さらに三人官女や右大臣・左大臣などを加え平安御所に模して飾るようになったのが始まりと言われていますよ。

関東をはじめ一般的な置き方

ひな壇にむかって左に男びな(お内裏様)、右に女びな(おひな様)を飾ります。

宮中では天皇が高御座(たかみやくら)に乗って中央におられ、皇后は天皇から見て左側の一段低い第二座におられることに基づいて考えられたものだと言われています。

また、明治時代に外国との交流が始まり、天皇、皇后の写真であるご真影を天皇に向かって左側にすることも意識されたようですよ。
関西の置き方

日本には尊いものが左側という考えがあります。

これは「左上右下」といって、常に左側が尊い(左上)とする考えに基づきます。

関西ではこの「左上右下」の古典礼法に従い、向かって右に男びな、左に女びなを飾ります。

これは並んだ時に自分の左側が上位とする考え方によるものです。

特に京都ではこの左上右下を厳格に守って飾ると言われていますよ。

他の雛人形の飾り方

雛人形 飾り方
二段目 三人官女(さんにんかんじょ)

二段目には三人官女(さんにんかんじょ)を飾ります。

三人官女はお内裏様とお雛様に仕える女官です。

三人官女が手に持っている物は向かって左から「加えの銚子(ちょうし)」「盃をのせた三方(さんぽう)」「長柄(ながえ)の銚子」を持っていますよ。

中央には眉毛のない女官長を飾ります。

女官長は結婚しているので眉毛がないんですよ。

昔は結婚すると眉毛をそったんですね。

三段目 五人囃子(ごにんばやし)

お囃子(はやし)の演奏をする人たちです。

向かって左から「太鼓(たいこ)」「大鼓(おおつづみ)」「小鼓(こつづみ)」「笛(ふえ)」「謡(うたい)」を持っている五人です。

それぞれに表情が違うので見てみてくださいね。

四段目 随身(ずいじん)

警護する人たちの事を随身といいます。

向かって左に若者の「右大臣」、右にヒゲを生やした老人の「左大臣」を飾ります。

それぞれ弓矢を持っていますよ。

スポンサーリンク

五段目 仕丁(しちょう)/右近の橘(たちばな)左近の桜

宮中で雑用をする人たちを仕丁と言います。

向かって左から「怒りじょうご」「泣きじょうご」「笑いじょうご」が並びます。

怒りじょうごは帽子をかける「台笠(だいがさ)」、泣きじょうごは靴をのせる「沓台(くつだい)」、笑いじょうごは柄の長い「立傘(たてがさ)」を持っています。

これは出掛ける時の様子を表しているんですよ。

向かって一番左側に「右近の橘」を飾り、一番右側に「左近の桜」を飾ります。

京都御所に植えられている橘と桜をあらわしています。

ひな壇の飾り物は、お内裏様から見た時の左右で表されています。

六段目 七段目 道具類

お雛様の嫁入り道具や乗り物などを飾ります。

雛人形以外の色々な飾り物

雛人形以外にも各地には伝統的なひな飾りがありますよ。

犬ばこ、犬張り子

雛人形 飾り方全国各地にみられます。

犬の姿をした置物です。

犬はお産が軽いので、出産や子供の健康を守るお守りになりました。

竹ザルを被っている犬もいますね。

これは、竹かんむりに犬で「笑」という漢字になるので、笑顔いっぱいに育つお守りとなったんですよ。

つるし飾り

雛人形 飾り方
各地に布で縁起物の飾り物を作り、それをつるす風習があります。

日本には「三大つるし雛」とよばれるつるし飾りがあるんですよ。

静岡県・伊豆稲取の「つるし飾り」、福岡県・柳川の「さげもん」、山形県・酒田の「傘福」です。

「つるし飾り」は、子供や孫の初節句に成長を祈願して飾られます。

江戸時代にお雛様を買える裕福な家庭はまれで、せめて娘の健康と幸せを祈りたいと始まったのがつるし飾りです。

母や祖母が娘の幸せを祈りながら一つづつ手作りで作っていったんですね。

「さげもん」は40~50㎝の竹輪に赤い布を巻いて、細工物と柳川まりを交互に7列7個で合計49個をつるします。

中央に大きな毬を二つ下げるのが特徴ですよ。

これは、成長と健康が人生50年といわれていた時代に、50個では割り切れるので一年でも長く人生を生きて欲しいという願いを込めて、中央2個の大きな毬を足して51個としました。

「傘福」は、赤い和傘の骨の先端から細工物を下げます。

酒田では古くから傘の中には魂が宿ると信じられており、安産や成長の祈願として観音堂などに納められていたのが始まりとされています。

様々な願いを形にして61個の飾りが飾られているといわれていますよ。

この三地域合同で「日本三大つるし飾りサミット」というのも開催されることがありますのでお近くで開催されるときは是非覗いてみてくださいね。

まとめ

ひな人形もその他のひな飾りも共通する願いは子供も健やかな成長と幸せを願うためのものなんですね。

ひな人形も京都の御所を模したものだと思うと厳かな気分になります。

我が家もひな人形の横に、つるし雛を飾ってお祝いします。

お裁縫が得意な方は手作りでつるし雛を作ってみても良いですね。



最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする