お正月の子供の遊びの意味や由来には縁起の良い意味がある

お正月遊びお正月は家族が集まって過ごす大切な時間ですよね。

家庭で昔ながらの遊びをする機会も少なくなりましたが、昔ながらの子供の遊びには縁起の良い願いが込められているんですよ。

また、昔ながらの遊びは家族全員で楽しむことができる遊びなので、家族が集まるお正月にはピッタリの遊びです。

今年のお正月は家族みんなで昔ながらの遊びで家族団欒してみてくださいね。

昔ながらの遊びは福を招く

こま回し

お正月遊びこま回しは昔の遊びのようでいて、今でも身近にあるオモチャですよね。

でも、いざやってみると難しいんです。

先日息子が保育園のクリスマス会でプレゼントとして持って帰ってきました。

息子は「車をお願いしたのに~!」と不満気でしたが、実際やってみると楽しいようでジジと一緒にこま回しで楽しんでいましたよ。

こまは、奈良時代に朝鮮半島の高麗(俗称こま)から伝わったので「こま」と呼ぶんです。

のちに「独楽」という感じを当てるようになりました。

昔は、独楽は独楽の回る音によって悪霊をはらうものでした。

現代でもお正月遊びとして伝承されているのは、「物事が円満に回るように」という意味に通じて縁起がよく、上手に回ると子供が早くひとり立ちできるともいわれていますよ。

羽根つき

お正月遊び羽根つきは室町時代に中国から伝わりました。

江戸時代には、子供の元気な成長を願って男の子には弓矢を、女の子には羽子板を贈る習慣がありました。

お正月には、男の子は小さな弓を射り、女の子は羽根つきをさせてその成長を願う行事があり、やがて羽根つきはお正月のおめでたい遊びになったそうですよ。

羽根つきは邪気払いの意味もあり、一年の厄を払う願いを込めました。

羽根つきに負けた人の顔に墨を塗るのは、それを見て大笑いをすることにより悪霊を払うというおまじないなんですよ。

凧あげ

正月遊び
凧あげは古代の日本に中国から急を知らせる手紙をくくりつけて飛ばす軍事目的や占いや戦いの道具として伝わりました。

かつては凧が風をきる音が魔除けになるとされていました。

江戸時代には男の子の誕生を祝って凧あげをして成長を祈りました。

やがて庶民の遊びとして広がっていき、高くあがるほど、願い事が叶い元気に育つといわれていますよ。

福笑い

お正月遊び
目隠しをして顔のパーツをつくり、出来上がったものをみんなで大笑いして遊ぶ遊びです。

「笑う門には福来る」といって、縁起がよい遊びとされました。

子供と一緒に手作りしても楽しいですよね。

インターネットでも手軽に買えますよ♪

スポンサーリンク

小倉百人一首


小倉百人一首は小学校で習う人も多いでしょうか。

最近では映画でも話題になりましたよね。

鎌倉時代に藤原定家という公家が、飛鳥時代の天智天皇~鎌倉時代の順徳院まで100人の歌をまとめたものです。

優れた和歌を年代順に色紙にまとめたといわれています。

和歌は「一首、二首…」と数えます。

和歌を一人一首で百人分集めたものなので、百人一首と呼ぶんですね。

百人一首は当時、色々な呼び方をされていまいしたが、藤原定家が小倉山の山荘で和歌をまとめたということから、百人一首といえば「小倉百人一首」をさすようになったんですよ。

いろはがるた

お正月遊び
いろはがるたは江戸時代後期につくられたもので、子供達が遊びながら文字を覚えられるようにと考案されました。

我が家でも色々なかるたで遊びます。

4歳の息子と遊びますが、息子に勝たせようとしてワザと負けていると自分の取ったカルタを分けてくれたり、教えてくれたりします(笑)

でも、自分が負けそうになるとご機嫌ななめになるんですよね…。

同じ「い」でも江戸では「犬が歩けば棒にあたる」なのに、京都では「一寸先は闇」と違うように地域で色々差があるのも面白いですね。

すごろく

お正月遊び
すごろくは「双六」と書き、双六のもとになる盤双六と呼ばれるものは奈良時代に中国から伝わったと言われています。

盤双六は盤を挟んで2つのサイコロを振って出た目の数だけ進め、相手の陣に自分の石を入れた方が勝ちとなる遊びです。

盤上のマス目が12マスあったことから、2つのサイコロが6と6の目が出れば最高で、2つの六から「双六」となったんですよ。

まとめ

昔ながらの遊びには子供の健やかな健康や幸せを願う気持ちが込められているんですね。

素朴な遊びですが、親子で楽しめますし、遊びながら技術や知識を学べるのも良いですね。

今年のお正月も寒くなりますが、親子や家族で楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする