2017仙台七夕祭りの日程とみどころは?

仙台七夕まつり北の大都市・仙台の夏を華麗に彩る「仙台七夕まつり」。祭りは江戸時代に伊達政宗公によって始められたとされています。

現在では、色鮮やかな吹き流しやくす玉などの七夕飾りだけでなく、花火大会や七夕パレードなど、バライティに富んだイベントで町中が盛り上がりをみせます。

無病息災や商売繁盛などの願いが込められており、中央通りや一番通りを中心に色鮮やかに飾られます。

七夕飾りの下をくぐり抜けながら鑑賞でき、きらびやかな七夕飾りが風にたなびきます。

毎年200万人を超す観光客が訪れ、大変に賑わいをみせていますよ。

七夕まつりは本来、旧暦7月7日の行事として全国各地に広まっていました。

仙台七夕まつりでは、その季節感に合わせるため新暦に一か月をたした歴である中歴を用いて、現在の8月6日~8日に開催されています。

今回は仙台七夕まつりの魅力をたっぷりとお届けしたいと思います。

 
仙台七夕まつりの日程は?

 

まつり会期:2017年8月6日(日)~8月8日(火)

開催時間:
【飾り付け時間】

8月6日(日)・8月7日(月) 10:00頃~22:00頃(予定)
8月8日(火) 10:00頃~21:00頃(予定)

【おまつり広場】

8月6日(日)~8月8日(火)/10:00~21:00(予定)

開催場所:仙台市中心部および周辺商店街

ポイント①

地元では「たなばたさん」と呼ばれ親しまれている仙台七夕まつりです。お祭り期間中は大変混雑します。特に初日は日曜日であり東北三大祭りの観光バスツアーが入りますので、残りの2日に比べて比にならない程の混雑です。時間や日程に余裕のある方は、初日は避けた方が良いかもしれません。

また、アーケードは吹き流しで見通しが悪いですし、観光客は皆さん上を見て鑑賞しながら歩いていますので、お子様の手を放さず事故の無いように鑑賞してくださいね。

もし、迷子になりましたら、アーケードの出口には観光案内所や警察の臨時出張所がありますので、事前にご家族でチェックしておくと安心ですよ。

 
駐車場やアクセス方法は?
 

大変な混雑が予想される仙台七夕まつりですが、気になるのが交通手段ですよね。車で行く場合はとにかく渋滞は覚悟です。

車でのアクセスと駐車場

高速道路でお越しの方は、東北自動車道にのっていただき、仙台宮城ICで一般道へ降りてください。そこから国道48号線で仙台市内へ入ります。まつり期間中の仙台市内は一部交通規制も敷かれますので、大変混雑します。

無料駐車場は用意がなく周辺の有料駐車場へ駐車してくださいね。

ポイント②

仙台は車社会ですので、駅周辺には驚くほどの数の有料駐車場があります。混雑はしますが、いずれかの有料駐車場には停められます。しかし、まつり期間中は10時頃から駐車場も混雑してきますので、可能であれば早めの到着をおすすめします。

公共交通機関

七夕飾りのメインストリートへはJRをご利用の場合、仙台駅で下車して西口から出ますと「仙台駅前商店街」に出ます。そこから散策して徒歩で中央通りへ向かいましょう。

おまつり広場となる「勾当台公園市民広場」へは、仙台地下鉄南北線で勾当台公園駅で下車してくださいね。

ポイント③

七夕飾りを隅から隅まで見たいという方は、仙台駅東口方面へ出てくださいね。東口前の笹飾りを散策してから、西口へ出て仙台市役所方面へ歩いていくと概ね見ることができます。

 
七夕飾りを見て触って楽しもう!
 

大きな飾り付けがされるのは、主に一番通り商店街と中央通り商店街の通称「アーケード」で行われます。仙台市内各所の商店街でも小さいながら、地元の色や趣向を凝らした風情のある笹飾りが飾られます。

8月4日の早朝、商店街の皆さんが山から10メートル以上の竹を切り出し、数か月前から6日の朝まで秘密裏に準備された飾りを施していきます。

5本で1セットの豪華絢爛な笹飾りは数十万~数百万もします。現在では仙台市内でおよそ3000本もの竹飾りが飾られて、街を彩っているんですよ。

笹飾りの頂点には丸い「くす玉」がついています。これは、終戦後に故人の霊を慰める祈りを込めたものとして作られました。現在においても、震災後力強く復興をする仙台の人々。仙台七夕まつりを通して仙台の底力を感じますね。

この笹飾りは、企業や商店街のお店の方々が手作りしています。お店の特徴を生かした凝ったデザインのものが多く、華やかなものからユニークなものまで見ていて本当に楽しいものです。

さらさらと風になびく吹き流しは触れることが出来、仙台の夏を直に感じる事が出来ますよ。

スポンサーリンク

ポイント④

笹飾りは初日の朝に各商店街ごとに飾り付け審査が行われます。6日の夕方には金・銀・銅の賞が発表されます。受賞した笹飾りには各賞のプレートがつけられますので、探してみてくださいね。

笹飾りの天敵は雨!雨が降ると商店街の方が急いでビニール袋に飾りをしまいます。観光が雨の日に当たってしまっても、そんな珍しい風景をみることが出来るかもしれませんよ。

アーケード内には特設された休憩所やトイレなどはありません。デパートや喫茶店もありますので、そこで借りることも出来ますが混雑しますので、仙台駅やおまつり広場で済ましていくのをおススメします。

 
イベントをチェックして行こう! 

仙台七夕まつり

仙台七夕まつりでは様々なイベントが開催されます。仙台の歴史や伝統、美味しい食べ物を一度に満喫することができますよ。

お祭り広場

実施日時:8月6日(日)~8日(火) 

開催時間:11:00~21:00

開催場所:勾当台公園市民広場・定禅寺通りグリーンベルト・つなぎ横丁



仙台七夕花火祭り

仙台七夕花火祭りでは約16,000発の花火が打ち上げられます。東北の短い夏を熱く彩りますよ。

実施日時:8月5日(土)

開催時間:
19:00~20:30(予定)※荒天の場合は8月9日(水)

実施場所:仙台西公園付近一帯(予定)

瑞鳳殿七夕ナイト

瑞鳳殿は仙台藩祖伊達政宗を祀る霊廟です。仙台七夕まつり期間中は、参道百段や本殿周囲を竹灯篭で灯し、幻想的な夜を演出しています。

実施日時:8月6日(日)~8日(火)

実施時間:18:00~21:00

拝観料:550円

実施場所:瑞鳳殿

仙台城跡夕涼みイベント

仙台城跡は伊達家代々の居城跡です。伊達武将隊による「仙台城跡ナイトイベント」が開催されます。仙台の旅の思い出に、市街を一望できる仙台城跡で素晴らしい夜景とともに武将達の迫力ある演武を鑑賞してみてくださいね。

実施日時:8月6日(日)~8日(火)

開催内容:正宗公騎乗像ライトアップ・伊達武将隊夜間演武

演武開始時間:19時頃

実施場所:仙台城跡

最後に

仙台七夕まつりは絢爛豪華なだけでなく、飾り一つ一つに仙台の人々の祈りと地元愛が込められている心に響く祭りです。

仙台にお越しの際は是非是非、美味しい仙台グルメもチェックして食べて行ってくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

画像提供:仙台七夕まつり協賛会(事務局:仙台商工会議所)

     TEL:022-265-8185

スポンサーリンク