正月事始めの意味や由来は何?正月の準備に何をすればいいの?

正月事始め
皆さんは新年の準備を迎える準備はいつ頃から始めていますか?

クリスマスが終わり「さあ次はお正月だな~」と思い、慌てて準備を始める方も多いかもしれませんね。

昔は12月13日「正月事始め(しょうがつことはじめ)」として正月の準備を始めました。

正月行事というのは幸福をもたらす年神様を迎える行事ですので、家庭にとっても重要な行事ですね。

年末に向けて慌ただしくなるので、早めの準備でゆったりと正月を迎えたいですね。

年賀状の準備や大掃除、餅つきなど子供に年中行事を教えていくのにも良い機会ですね。

今回は「正月事始め」についてお伝えします。

スポンサーリンク

「事始め」とは歳神様を迎える準備を始める日のことをいいます。

地方によって異なりますが、関西を中心に一般的に12月13日、出雲や関東では12月18日とする地域が多いようですね。

この時期にお世話になった人にお礼をすることになった事から、「お歳暮」の習慣が始まりました。

神様を迎える前に、まずは周囲の人々に対して挨拶を済ませて、身も心も清めてから神様をお迎えしようという日本人ならではの律義さから生まれたものなんでしょうね。

この習慣はとりわけ関西で、役者などの人気商売の人々や芸事に携わる人々を中心に行われてきました。

有名なのは京都・祇園の事始めですね。

花街に舞妓さんや芸妓さんが芸事の師匠に挨拶をしに向かう姿で華やぎます。

現在では海外の観光客の方も多くいらしており、写真を撮る人でごった返していますよ。

正月の準備あれこれ

すす払い

住まいのホコリを払って掃除する「すす払い」も、事始めの大切な行事の一つです。

昔、江戸城では12月13日に大掃除が行われていました。

現在でも神聖な場所とされる神社仏閣では大掛かりなすす祓いが行われているんですよ。

家庭でも神棚や仏壇の掃除をしてから正月準備をする習わしがあり、やがて家中を掃除するようになりました。

昔は家の中に囲炉裏(いろり)があったので、煤(すす)が付きやすく、すす払いをすることで年内の穢れ(けがれ)や厄(やく)を払いました。

忙しい年の瀬に、わざわざ日を決めて大掃除をし、神棚・仏壇もキレイにして、心も住まいも清めたうえで正月飾りをするのは、準備万端で神様をお迎えするために生まれた習わしなんですね。

スポンサーリンク

年賀状の準備

年始の挨拶まわりをする習慣から、年賀状を送る風習が生まれました。

明治時代になると年内に集めて元旦に届ける制度が出来て広く広まるようになったんですよ。

私も毎年ギリギリになってしまいますが、早めの準備をしていきたいですね。

2017年の年賀状の受付は12月15日からです。12月25日までに出すようにしてくださいね。

餅つき

正月にかかせないお餅ですが、お餅つきをするご家庭も少なくなりましたね。

今年は家族で餅つきをしてみたい!というご家庭では日取りに注意してくださいね。

では餅つきはいつやれば良いのでしょうか?

正月飾りや餅つきは、12月29日は「苦」(苦餅=苦持ち)、31日は「1夜飾り」「1夜餅」で縁起が悪く、年神様に失礼になるとされています。

末広がりで良いとされる「八」のつく日で28日が縁起が良いとされていますよ。または、30日に行ってくださいね。

正月飾りの準備

年神様を迎えるための門松、しめ飾り、鏡餅などを正月飾りといいます。

神社の境内や門前などでは「歳の市(としのいち)」という、正月飾りや縁起物、正月用の食品などを売る市が開かれますね。

門松やしめ飾りも12月28日までに立てるものとされています。

29日の「苦松」と31日の「一夜飾り」を避けて28日か30日に飾るようにしたいですね。

まとめ

正月事始めというのは年内の挨拶を済まし、歳神様を迎えるにあたって準備を始める日なんですね。

普段出来ない大掃除は始めてしまうと意外と時間がかかるものですよね。

正月事始めの12月13日頃から少しづつ始めていくのが良いかもしれませんね。

歳神様を迎える準備をして、ゆっくりとお正月を迎えてくださいね。





最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする