七五三の雨対策で持っていく物はこれ!レンタル着物が汚れたら料金は?

雨の日の参拝

準備を重ねて待ちに待った七五三当日が雨!という事もありますよね。

こればかりは運次第です。

スタジオで着物の写真撮影だけして終わりにしたり、後日フォーマルで参拝したりする方法もありますね。

台風で大嵐なら中止はやむを得ないですが、少しの雨なら決行!という御家庭もありますよね。

レンタル着物が汚れたらどうしよう?料金はかかるの?と心配は尽きません。

今回は、そんな雨の日の七五三に強い味方の雨対策やレンタル着物事情ををご紹介します。

スポンサーリンク

雨の日の参拝


お子様の傘は小さくてボリュウームのある着物は濡れてしまいがち。

傘は大きい大人物の傘を持たせることをおススメします。

パパの黒や紺の傘は、写真撮影のときに影になってお顔を暗く見せてしまいますので、ママの白や薄いピンクなどの傘やコンビニで 売っているような大きいビニール傘もおススめです。

明るい色の傘は写真撮影の時にレフ版の役目をして綺麗に写りますよ。

女の子は赤い大きな傘なら和傘の様に見えて雰囲気がでますね。

レインコート

着物を全身保護できる丈の長いレインコートが良いです。

被るタイプだと、脱ぐ時に濡れてしまうので、ボタンタイプがおススメです。

長靴

撮影するまでは長靴を履きましょう。

ママが着物を着る場合は草履カバーが売っているので活用してみてください。

タオル類

フェイスタオルを2~3枚。大きめのタオルも1枚あると安心です。

ビニール袋

濡れた物を入れたり、長靴と草履の履き替え用にあると便利です。

洗濯バサミやクリップ

着物の裾が濡れないように、裾をまくしあげて帯にはさみましょう。

上からレインコートを着せてあげると水跳ね対策になります。

捲し上げた裾は、腰ひも1本と洗濯バサミやクリップで固定するとしっかりしますよ。

ヘアピンや櫛

雨の日は髪型も崩れやすくなりますよね。

特にクセっ毛の子はせっかくのセットもクルクルになって しまったり。

それはそれで可愛いですが、櫛やヘアピンを持っていくと簡単にセットし直せますよ。

防水加工の大き目バック

雨の日は更に荷物が多くなります。大きめのバッグにコンパクトにまとめて入れて行きましょう。

スポンサーリンク

雨や泥でレンタル着物が汚れてしまったら追加料金はかかるの?

雨の参拝
七五三のレンタル着物は大抵の場合、保険がかけられています。

雨に濡れたり泥汚れがついたり 、転んで泥だらけになるようなことまで想定されています。

わざと汚したり破ったり落書きなど、常識外の汚れはいけませんが、 常識の範囲内の濡れや泥汚れ、食べこぼしはつけても追加料金を請求されることはありません。

汚した場合は慌ててこすったり、しみ抜きなどを自分で行わないでくださいね。

汚れが浸透したり広がったりするので、タオルで押さえる程度にとどめます。

返却する時に、汚したことをお店へ伝えてください。

お店でレンタルを予約する時に、雨や汚した場合を確認しておくと安心ですよ。

雨の日の参拝は縁起が良い?

七五三 雨
せっかくの七五三の日に雨なんて、縁起が悪いのかしらと心配になりますよね。

雨は昔から「清めの雨」と言われており、汚れを清める力があると考えられています。

雨は万人の上に降るもの。参拝の日にたまたま雨が降っても大丈夫!

参拝時、神様の前では、傘をたたむか他の方に差してもらい参拝してくださいね。

静かな空気の中、厳かに御祈祷を受ければ心身共に清められること間違いありません!

まとめ

せっかくの七五三が雨、なんて落ち込まないでください。

雨の日に参拝した七五三はインパクトがあって、忘れられない一生の思い出になりますよ!

お子様が大きくなった時に「あなたの七五三のお参りの時に雨が降ってね~」なんて、 思い出話に花が咲くのが目に見えるようですね。

お子様をお祝いする気持ちが一番です。 素敵な七五三を迎えてくださいね。



最後までお読みいただきありがとうございました。

当サイトが皆様のお役にたてれば幸いです。

スポンサーリンク