スノーボード初心者さんが板を買う時のポイントは3つだけ!

初心者冬になり「今年はスノーボードを始めたいから」「いつもレンタルだったけど今年は板を買おう!」と思われている方いますよね。

でも、初めて板を買う時に数あるスノーボードの板から何を選べばいいのか分かりませんよね。

初心者の方がスノーボードの板を買う時に基準にするべきポイントは3つだけです。

あとは好みのデザインを選んでくださいね。

パウダースノーを滑って降りたい、パークでカッコよくキメたいとか憧れますよね。

でも、初心者の方はまず安全第一です。

自分の板をゲットしたら、沢山滑って慣れましょう!

雪山マジックでスノーボードを持ってるだけで、2倍カッコよく、可愛く見えますよ♪

今回は初心者の方がスノーボードの板を買う時に基準にするべき3つのポイントについてお伝えします。

スポンサーリンク

初心者スノーボード

3つのポイントとは

ポイント① ボードの長さ

ポイント② ボードの幅

ポイント③ ボードの価格

この他にも「板の柔らかさ」というのも重要になってきますが、実際に行って板をしならせてみても柔らかさなんて初心者さんが判断するのは難しいものです。

柔らかい板は初心者さんに扱いやすい板となるので、始めは柔らかい板を選ぶと良いですよ。

お店に行けるなら「板の柔らかい板はどれ?」と店員さんに聞くと教えてくれますよ。

ポイント① ボードの長さ

標準的な体型の方は以下の目安がありますので参考にしてください。

標準的な目安
●175㎝以上の人は、身長マイナス約20㎝の板

●160~175㎝の人は、身長マイナス約15㎝の板

●160㎝以下の人は、身長マイナス約10㎝の板

※体重が重い人はやや長めに、体重が軽い人はやや短めに考えてくださいね

おおまかには身長マイナス15㎝と考えてください

スポンサーリンク

基本的に板が長いとスピードが出ても安定しますし、新雪などのフワフワした雪でも滑りやすいです。

ですが、ターンはしずらいので初心者の方が初めて扱うには難しく感じるかもしれません。

反対に、短めの板はスピードが出てしまうと不安定になりやすいですが、ターンはしやすいのが特徴です。

初心者の方が初めからビュンビュン飛ばすことはないと思うので、ターンのしやすい短めの板を選ぶことをおすすめしますよ。

ポイント② ボードの幅

ボードの幅は太ければスピードが出ても安定しやすく、逆に細ければ不安定になりやすいです。

小回りは細い方が効きやすく、太ければ効きづらくなります。

太い細いも分かりづらいと思うので、下記を参考にしてください。

ブーツを履いて1㎝位板から出る程度が標準になります

ここで、板を買う時にブーツの購入もお考えですか?

私は、スノーボードで重要なのは板よりもブーツだと考えています。

ただでさえキツめのブーツなので足に合っていないと大変ですし、足に合ったブーツを選ぶと板もコントロールしやすいんです!

自分の足に合ったブーツを使うことで、安全に滑ることができ上達しますよ。

ブーツと板を一緒に購入される方は、ブーツを選んでからボード板を選ぶと板の幅も判断しやすくなりますね。

ポイント③ ボードの価格

初めてのスノーボードの板はあんまり高くて本格的な板は買わなくても良いかと思います。

だいたい3~4万円前後のものが初めて買う板には丁度よいですよ。

シーズンが外れればブランド物の板も50~70%OFFになります。

私も初めての板はブランドの板を70%引きで4万弱で買った覚えがありますよ。

ちゃんとしたショップに行けば、安いからと言ってすごく粗悪品を掴まされるというものでもないですからね。

逆に高ければ高いほど滑りやすく上達しやすいというものでもないですから、標準的な物で大丈夫ですよ。

雪国のスキー場近くに住んでいるスノーボーダー達も、板は割と頻回に買い替えたり、何本か持っていたりします。

初めて買った板は標準的な価格の物を選び、しっかりと安全に滑れるようになったら買い替えていくと良いですよ。

裏技として、中古品の買い取り専門店ってどの町にもありますよね。

冬のシーズンに山に籠ってスノーボードをするようなスノーボーダー達は、毎年のように板を買い替えるので、使わなくなった板を中古買取店に売っていることがあります。

けっこう上等な板が売りに出ている事があるので、そういうお店やネットで良いものを安く買うのも良いかもしれませんね。

まとめ

スノーボードは安全第一です。

自分に合ったブーツと板で安全に無理せず始めてくださいね。

あと、ヘルメットも是非かぶってください。

肘・膝・尻パットを購入する初心者さんは多くいますが、ヘルメットを購入する初心者さんはあんまりいません。

でもヘルメットってかっこ悪いものではありません。

むしろ今、ヘルメットをカッコ良く被るのが流行ってきているんです。

パークでキッカーを飛んでいるようなスノーボーダーもヘルメットを被っている人が多いんですよ。

是非、安全第一で滑ってくださいね。





最後までお読みいただき有難うございました。

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする